薬剤師 転職 50代

50代薬剤師が転職で気を付けないことはなんですか?

薬剤師 転職 50代

 

Q:50代薬剤師が転職するのは難しいですか?

 

A:それなりにコツが要りますが、難しくはありません。

 

 

「この年で転職ってできるの?」

 

「転職するとしたらどうしたらいいの?」

 

「雇用条件はどうなるの??」

 

「実際に転職した人の話を聞いてみたいです。」

 

 

前のページの続きです。

 

毎回前置きが長くなってくどくなってしまうので

 

今日はサラッと本題に入りたいと思います。

 

 

今回のテーマは「50代薬剤師の転職」についてです。

 

このページを読んでいただければ以下のことを学べます。

 

●未経験のジャンルに転職したい場合はどうしたらいいのか?

 

●好条件の転職を叶える簡単な方法

 

●実際に50代で転職した人がどうなったのか

 

 

では以下の順で話を進めていきます。

 

@メーカーからメーカーへの転職は諦めて薬剤師免許を生かすのも手の一つ

 

A未経験ジャンルへの転職は研修があるところ

 

B地方に行くのも一つの手段

 

C50代薬剤師の転職体験談(重要)

 

D今回のまとめ

 

 

メーカーからメーカーへの転職は諦めて薬剤師免許を生かすのも手の一つ

薬剤師 転職 50代 

 

 

前のページで同じ種類の職場に転職したほうが有利であるという話をしました。

 

しかし、企業(メーカー)となると話は変わってきます。

 

いくらベテランだとしても結局はサラリーマン・OLであることには変わりありません。

 

 

あくまで転職しやすいのは薬剤師という国家資格を使っている場合の話です。

 

なので、50代から企業から企業への転職はかなり厳しいのが現実です。

 

それに転職が成功したとしてもやりたいことはできないと考えておくのが無難です。

 

 

大学卒業してから一度も薬剤師をしていなかったとしても

 

薬局やドラックストアへ転職するほうが全然可能性が高いです。

 

薬剤師業界から離れていてもニュースなどで

 

薬局の数とコンビニの数が同じくらいであるという話を聞いたことがあるのではないでしょうか?

 

 

しかし、薬局の数は増え続けていたの薬剤師の人数はそれほど増えていません。

 

6年生卒の薬剤師が輩出され始めれば事態は改善すると思われていましたが

 

国家試験のなんかなどもありそれほど増えていない現状があります。

 

 

何がいいたいかというと「薬局・ドラックストアは人手不足が問題になっている」ということです。

 

人材不足に悩んでいるので猫の手でも借りたい状態なわけです。

 

薬剤師をやったことのない人を雇って教育してでも採用したいと考えている薬局があるわけです。

 

 

ですが、気を付けてほしいことが一つだけあります。

 

未経験の場合は必ず「研修制度」が整った職場を選んでください。

 

教育にかけるお金も時間もないと最初から現場に投げるようなところがあるということを覚えておいてください。

 

 

何年か薬剤師をやったことのある人ならなんとかなるかもしれませんが、

 

今回の話のように企業からの転職だった場合、本当に何をしていいかわからないと思います。

 

だから、研修制度が整った職場を選ぶ必要があるというわけです。

 

研修制度がある求人についての話は次の項目でお話します。

 

 

まとめ

 

50代で企業からの転職なら薬局・ドラックストアに転職するのも一つの手。

 

その際には、研修制度が整ったところを選ぶ必要がある。

 

未経験ジャンルへの転職は研修があるとこ

薬剤師 転職 50代 

 

 

上の項目で話た通り大卒から薬剤師業務をしてない方は特に

 

しっかりとした研修制度が整った求人を見つけて転職することが重要です。

 

 

※職場毎のおおよその研修内容はこちらのページにまとめてあります。

 

→未経験薬剤師の悩み【研修制度は当てになるんでしょうか?】

 

 

現役の薬剤師と同等の知識を得るのは難しく時間がかかりますが、

 

実技に関しては1か月程度研修を受ければすぐにできるようになります。

 

今の職業がMRや研究職など医療業界に精通しているなら

 

現役薬剤師と同等とは言えませんが全くないという状態ではないはずです。

 

 

それにこの職業についている方のほとんどが頭の切れる人です。

 

知識に関しても難しいとはいえ真面目に勉強続けていけば数か月でそれなりに働けるようになります。

 

 

ですが、それもしっかりとした研修制度があってこその話です。

 

適当に見学させるだけのような適当な研修を受けても意味がありません。

 

薬剤師未経験の方には特にです。

 

何のためにやっていてどんな意味があるのかをしっかりと教えてもらわなくてはいけません。

 

そのためにはちゃんと研修制度が整った求人を見つけなくてはいけません。

 

 

求人雑誌にも探せば「研修アリ」といったようなような求人があります。

 

しかし、そこまででどんな求人内容なのかまでは掲載されていません。

 

小さなスペースで募集をかけるので仕方ないといえばそれまでですが。。。。

 

求人先の研修内容まで把握するにはリクルートサイトを使うほか方法がありません。

 

 

大手のチェーンなんかだとHPに新人研修の内容が掲載されていますが、

 

たいていそれは新入社員用で中途用ではありません。

 

リクルートサイトを使えばキャリアコンサルタントが調査して報告してもらえます。

 

研修制度がしっかりしている求人に絞って取集してもらうことも可能ですから一石二鳥ですね。

 

 

トップページに評判の高い求人サイトをまとめて掲載してあるのでご覧になって下さい。

 

→評判の高い薬剤師転職サイトの比較(トップページ)

 

 

まとめ

 

未経験のジャンルへの転職・薬剤師未経験からの転職はしっかりとした研修が受けられる職場を選ぶべき。

 

そういった職場を探すにはリクルートサイトを使うしかない。

 

地方に行くのも一つの手段

薬剤師 転職 50代 

 

 

50代での転職でネックになるのはやっぱり「年齢」です。

 

雇用側もなるべく若かい薬剤師をやといたいというところが多いからです。

 

こればっかりは仕方ありませんね。。。。

 

 

解決策になるかどうかはわかりませんが、

 

地方に目を向けると年齢による制限を受けることがなくなります。

 

薬剤師不足は都心から地方に向かうにつれて深刻になっていくからです。

 

単純な話、地方の薬局では人手不足が問題になっています。

 

 

なので、都心だと転職先が決まりにくかったりしますが

 

地方に目を向けるとあっさりと決まってしまったりします。

 

 

しかも、良いことに地方の薬剤師のほうが雇用条件は良い傾向にあります。

 

完全週休二日制+残業なしで年収700万円とか探してもらえばすぐに見つかります。

 

地方への転職は引っ越しを伴う場合がほとんどなので

 

マイホームをもっている人には難しかもしれませんが

 

そうでない人にとってはとても良い選択肢の一つになることでしょう。

 

 

地方への転職について詳しく掲載しているページはこちらです。

 

→「薬剤師の地方への転職について」

 

 

まとめ

 

地方へ少し目を向けるだけで選択肢が増える。

 

雇用条件も向上して一石二鳥になる確率大。

50代薬剤師の転職体験談(重要)

50代薬剤師が転職をした話。 50代 男性 Y・Mさん

薬剤師 転職 50代

 

【転職結果】

 

職場:薬局 → 薬局

 

年収:600万円 → 620万円

 

+α:ゆっくり働ける、年収維持、正社員希望

 

 

 

【転職動機・希望】

 

大学を卒業してからいくつかの薬局で薬剤師として働かせていただいてきました。

 

今の職場では管理薬剤師としてのポストを任されています。

 

50代ということもあり今の職場では一番古株です。笑

 

 

今回転職を考えたのは「体力的にキツくなってきた」からです。

 

仕事に不満はありませんが、流石に50歳を超えると体にガタがくるというか。。。

 

いつかは転職しようともともと決めていたので、

 

定年まで10年を切ったこのときを節目にして転職を考えた次第です。

 

 

定年間近とはいえあと10年は残っているわけなので、正社員として働ける薬局を希望していました。

 

他には「ゆっくり働けること」と「最低限、年収は少し下がるか維持できればいい」という希望を伝えましたね。

 

今思えば両方叶っているんですからありがたいことこの上ないです。

 

 

 

【転職感想】

 

今回が初めての転職ではなかったので特に困ることはありませんでした。

 

前回の転職のさいもお世話になった「ファルマスタッフ」に依頼して

 

私が希望している条件に合いそうな求人を探して紹介してもらうことにしました。

 

 

他の薬剤師リクルートサイトでもよかったんですが、

 

以前利用した際に、私の中ではこの会社のサービスが一番いいと感じたからです。

 

しっかりとこっちの希望をカウンセリングしてそれにマッチした求人を用意してくれますし、

 

希望条件によっては的確なアドバイスももらえます。

 

 

前に転職したのは40代前半だったのでまだそれなりに求人はありましたが、

 

「50代を超えている私には転職できる場所がのこされているのか?」っという不安が強かったです。

 

しかしそんな不安とは裏腹に、私を担当してくれた方は5件ほどの薬局の求人を紹介してくれました。

 

それぞれについて細かく説明を受けたあと2つに絞り応募させていただきました。

 

 

結果からいえば二つとも内定をいただくことができました。

 

コンサルタントさんが面接のさいにサポートをくれたおかげだとは思いますが、

 

50代薬剤師でも普通に内定が取れてしまうなんて驚きました笑

 

 

そのあと決めきれなくて再度職場見学をさせていただき、職員の方とお話をしてから

 

気持ちよく働けそうな今の職場を選びました。

 

もう働き始めてから4か月は立っていますが、特に不満はありません。

 

このまま定年まで働けそうです!ありがとうございました。

 

 

 

Y・Mさんがつかった薬剤師リクルートサイトはこちら

 

→「ファルマスタッフ」

 

 

まとめ

 

50代からの転職でも内定をもらうことはそれほど難しいことではない。

 

良い職場に転職するにはリクルートサイトの力を借りるのが一番効率的。

 

このページのまとめ!

薬剤師 転職 50代

 

今回のテーマは「50代薬剤師の転職」でした。

 

参考になりましたでしょうか?参考になっていれば幸いです。

 

 

このページを簡単にまとめていくここのようになります。

 

  • 未経験への転職はコンサルタントのアドバイスをもらうべき
  •  

  • 未経験の場合は「研修制度」が整った職場を選ぶべき
  •  

  • 地方なら転職しやすく、好条件の求人が眠っている

 

 

2ページにわたり50代薬剤師の転職についてお話してきました。

 

自分がどうすればいいのかイメージしやすくなったのではないでしょうか?

 

 

これを読んでもまだイメージができない場合は

 

一人で悩むのではなくとりあえずリクルートサイトに登録してコンサルタントに相談することをおすすめします。

 

 

登録したからといって転職をしないというモノではありませんし、

 

場合によっては転職しないほうが良いと引き留めてくれたりします。

 

Y・Mさんが利用していたファルマスタッフはかなり評判の高い求人サイトです。

 

トップページのランキングでも1位です。一度登録してお話してみてはいかがでしょうか?

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。