薬剤師 転職 50代

50代薬剤師が転職する時に気を付けることは?

薬剤師 転職 50代

 

Q:50代薬剤師が転職するのは難しいですか?

 

A:それなりにコツが要りますが、難しくはありません。

 

 

「この年で転職ってできるの?」

 

「転職するとしたらどうしたらいいの?」

 

「雇用条件はどうなるの??」

 

「実際に転職した人の話を聞いてみたいです。」

 

 

このような悩みを抱えている50代薬剤師の方多いのではないでしょうか?

 

このページではそういった悩みを解消するために作成されています。

 

50代ともなるともうすぐ定年ですね。

 

最後の転職になる方がほとんどになるはずです。

 

 

薬剤師業界は転職しやすい職業で有名です。

 

しかし、年齢が上がるにつれて転職しにくくなるのは他と変わりません。

 

50代ともなると20代・30代と比べて顕著です。

 

かといって、最後の転職に妥協してはいけません。

 

 

今回のテーマは「50代薬剤師の転職」です。

 

このページを読んでいただければ、

 

●50代薬剤師はどう転職するのがいいのか?

 

●50代は転職で気を付けるポイントは何なのか?

 

●他の人の転職体験談はどうなのか?

 

 

 

では以下の順で話を進めていきます。

 

@50代からの転職はどうすればいいの?(重要)

 

A50代の転職は情報量が命

 

B同ジャンルなら転職成功率がグンと上がる

 

Cこのページのまとめ

 

 

次のページ

 

@メーカーからメーカーへの転職は諦めて薬剤師免許を生かすのも手の一つ

 

A未経験ジャンルへの転職は研修があるところ

 

B地方に行くのも一つの手段

 

C50代薬剤師の体験談

 

D今回のまとめ

 

50代薬剤師はどのように転職するのがいい?

薬剤師 転職 50代 

 

 

A.50代に限らず転職する薬剤師のほとんどが転職サイトを利用しています。

 

 

また、50代での転職でカギとなってくるのは「求人情報量」です。

 

情報量を確保するとういう点で薬剤師転職サイトに勝るものはありません。

 

情報量が重要であるということについては一つ下の項目でお話します。

 

 

転職サイトを利用すればキャリアコンサルタントがサポートについてくれます。

 

コンサルタントとは転職に関して的確なアドバイスをくれる転職のプロです。

 

求人情報の収集まもちろん

 

その他にも「求人先の事前調査」から「面接・履歴書対策」など様々なサポートをしてくれます。

 

情報収集という観点・効率よく転職活動を進めていくという観点からも有効というわけです。

 

 

50代では普通に転職していては若い人に負けてしまいます。

 

だからこそ、利用するべきです。

 

 

また、年齢限らず転職サイトを利用した方が満足度も成功率も上がる傾向にあります。

 

実際にやってみるとお分かりになると思いますが、

 

一人で転職活動を進めていくのは思っているよりも大変で難しいです。

 

雇用条件だけでは自分の希望とおりの職場なのか判断しづらいためです。

 

希望とうりの転職をしたいのであれば転職サイトを利用したほうが良い方向に進められるのは間違いありません。

 

 

トップページに評判の高い求人サイトをまとめて掲載してあるのでご覧になって下さい。

 

→評判の高い薬剤師転職サイトの比較(トップページ)

 

 

まとめると

 

50代からの転職に重要なのは「情報量・効率」

 

その両方かなえるためには転職サイトを利用するのが一番いい。

 

50代薬剤師の転職でカギになるのは「情報量」

薬剤師 転職 50代 

 

 

上でもお話しましたが、50代からの転職で重要なのは「情報量」です。

 

雇用側のことをを考えれば普通に理解きると思いますが、

 

いくら転職しやすい業界とはいえ50歳を超えると転職できる選択しは狭くなります。

 

 

かといって、これが最後になるであろう転職を妥協はしてはいけません。

 

妥協してもいいという方もいらっしゃると思いますが、その考えはやめてください。

 

今の職場に不満があって転職するかたは特にです。

 

妥協すると結局おなじような不満の原因がある職場に転職しかねないからです。

 

若ければまた転職を繰り返せばいいですが、この年になるとそうはいきません。

 

 

そういったことを避けるために「情報量の確保」が重要になってきます。

 

「転職の選択肢を広げ、求人先の情報をあつめる」これが転職を成功させる重要なポイントです。

 

これを達成するために上で話した転職サイトの利用につながります。

 

 

上の項目と重複してしまいますが、転職サイトを利用すれば

 

キャリアコンサルタントに「希望条件に沿った求人の収集」「求人先の調査」を依頼することが可能です。

 

つまり今まで話たことの両方を達成することが可能だという話です。

 

 

転職サイトを使うのは何も情報に関することだけではありません。

 

これが良いのは「キャリアコンサルタントに全部任せることができる」というところです。

 

働きながら転職活動を行うのはかなり大変です。

 

数ある求人から希望に沿っているものを探すのはもちろん

 

自分を雇ってくれそうな求人を探すのは。。。。。。

 

 

コンサルタントに依頼すれば目ぼしいものを探して持ってきてくれます。

 

また、その時点でどんな職場なのか情報を提供してもらうことも可能です。

 

その中から気に入ったものを選んで職場見学にいけば最高ですね。

 

 

転職サイトを利用して転職した薬剤師の満足度や成功率が高いのは

 

こういった情報量という観点から「満足のいく選択ができたため」と考えることができます。

 

皆さんも満足のいく転職を叶えたいのであれば転職サイトを利用してみてください。

 

次のページには転職サイトをりようして転職した50代薬剤師の体験談が掲載されているので参考にしてみてください。

 

 

トップページに評判の高い求人サイトをまとめて掲載してあるのでご覧になって下さい。

 

→評判の高い薬剤師転職サイトの比較(トップページ)

 

 

まとめ

 

情報収取をして「転職の選択肢を広げ、求人先のことまで知っておくこと」が

 

50代薬剤師が転職を成功させるために重要なポイント。

 

情報収集のためには転職サイトの利用が良い。

 

同じジャンルなら転職成功率がグンと上がる

薬剤師 転職 50代 

 

 

経験したことのある職場のほうが転職しやすいという話です。

 

今まで調剤薬局で働いてきたなら調剤薬局のほうが

 

ドラックストアならドラックストア、病院なら病院に転職しやすい傾向にあります。

 

 

若い時はそれほど重要視されませんが

 

年齢があがるにつれて経歴・職歴がモノを言うようになってきます。

 

50代ともなるとその傾向は顕著です。

 

 

50代の薬剤師を雇うとき、雇用側は「即戦力」として薬剤師を雇いたいと考えています。

 

右も左もわからない状態の定年間近の薬剤師を雇って

 

そこから教育費をかけて通常業務がこなせるようになるまで研修させる。

 

そんなこと雇用側が望んでいるとは思えません。

 

普通に考えて当たり前ですよね。

 

 

逆に言えば、同じジャンルでの転職なら転職成功率はグンっと上がります。

 

ベテラン薬剤師は即戦力になると判断されるからです。

 

長年同じ職場で勤務されてきた薬剤師は即戦力になると判断される傾向にあります。

 

皆さんが雇用側でも同じことを考えると思います。

 

 

また、もう一つみなさんにお伝えしておきたいことがあります。

 

「同じ種類の職場のほうが好条件で転職できる可能性が上がる」ということです。

 

 

求人を探したことのある人なら「年収500万円〜700万円 ※要相談」

 

っといったような求人を見たことがあると思います。

 

こういった求人で最初から700万円の年収を獲得できる人はベテランの薬剤師です。

 

同じジャンルでの転職ならこういいったように転職によって収入を上げることは可能です。

 

なので、50代からの転職は同じジャンルでの転職がおすすめです。

 

 

まとめ

 

収入などの雇用条件や転職成功率を考えると

 

50代からの転職は同じ種類の職場への転職が良い。

このページのまとめ

薬剤師 転職 50代

 

まず1ページ目を読んでいただきありがとうございました。

 

今回のテーマは「50代薬剤師の転職」についてです。

 

 

このページを簡単にまとめてるとこうなります。

 

●転職するなら薬剤師転職サイトのサポートを受けるべき!

 

●50代薬剤師の転職成功のカギは「情報量」!

 

●良い条件で転職したいのなら同じ種類の職場!

 

 

50代で転職するのはなかなか怖いと思います。

 

ですが、やり方と間違えなければそれほど怖いものではありません。

 

後半のページには実際に50代で転職した薬剤師の話を掲載してあります。

 

ぜひ参考にしてみてください。

 

→50代薬剤師の転職で気を付けること part.2

 

 

最後まで読んでくださってありがとうございました。