薬剤師 非公開求人

非公開求人について知っていますか?

年収650万円以上など好条件の求人があります。

薬剤師 非公開求人

 

転職するなら、今より年収が高かったり、やりがいのある職場に転職したいですよね?

 

そういった方にピッタリな求人があります。

 

それは、非公開求人です。

 

この求人は文字通り公開されていない求人の事です。

 

公開されていないので、ネットで検索しても求人雑誌を熟読しても見つかりません。

 

というのも、雇用側が薬剤師求人サイトに公開しないように依頼しているからです。

 

ただ、非公開なだけあって公開されている求人に比べて条件が格段にいいです。

 

例を挙げるとしたら以下のような感じです。

 

・年収650万円以上・病院の薬剤部長・役員クラスの求人などなど

 

 

このページでは以下3つのことについてお話します。

 

@非公開求人を見つけやすい求人サイト

 

Aどうして非公開なのか?

 

B非公開求人はどうやって見つけるのか?

 

 

 

非公開求人について一言でまとめると、

 

「見つからないけど、他の求人とは比べものにならない条件の求人」

 

非公開求人率が高い求人サイトランキング!

リクナビ薬剤師

薬剤師 非公開求人非公開求人率が一番高いのは75%でリクナビ薬剤師です!

 

大手のリクルートグループなので知らない人はいませんよね!

 

リクナビ薬剤師の特徴を3つにまとめると以下のようになります。

 

●あなただけ「三原則」に基づいた個別サポート
●オリコン顧客満足度No.1!!
●求人数35,000件以上と業界トップクラス!

 

リクナビ薬剤師が良いのは何と言ってもキャリアコンサルタントの方が優秀ということだと思います。

 

転職に関する疑問はすべて的確なアドバイスをくれるし、
カウンセリングの結果を考慮して希望通りの求人を紹介してくれます。

 

また、非公開求人率が75%とどの求人サイトよりも高く非公開求人を探す上でもってこいのサイトです。

 

好条件の転職する為にはチェックしておきたい求人サイトです。

 

非公開求人率 求人数 おすすめ度
75% 35,000件以上

 

 

ファーマジョブ

薬剤師 非公開求人次に、非公開求人率が高いのは70%でファーマジョブです!

 

ファーマジョブは株式会社メディカルジョブセンターが運営している求人サイトです。

 

ファーマジョブの特徴を3つにまとめるなとこうです。

 

●全国の調剤薬局の求人を網羅!
●引っ越しを伴う転職もサポート
●医療業界への強いコネクション

 

株式会社メディカルジョブセンターは、薬剤師の転職以外にも、看護師専門のナースジョブなど医療職の人材紹介を行っている会社です。

 

その為、病院・薬局との繋がりが強く非公開求人が多い求人サイトです。

 

転居を伴った転職をサポートしてくれるくらいサポート体制が充実しています。

 

充実したサポート体制×非公開求人とチェックしておきたい一社ですね。

 

 

 

非公開求人率 求人数 おすすめ度
70% 10,000件以上

 

 

薬剤師プロ

薬剤師 非公開求人

次に、非公開求人率が高いのは58.2%%で薬剤師プロです!

 

薬剤師プロは東証一部上場企業の総合メディカルグループが運営している求人サイトです。

 

薬剤師プロの特徴を3つにまとめると以下のようになります。

 

●創業36年の実績!!
●全国展開しているので希望の勤務地を選べる
●薬剤師向けのイベントを開催している。

 

 

創立36年と薬剤師転職業界では老舗的な会社です。

 

36年間で築き上げた医療機関ネットワークで優良な求人を取り揃えています。

 

また、薬剤師向けの転職相談会を開いてるのも好印象です。

 

親切なスタッフさんがいる求人サイトなのでチェックして置きたいところですね。

 

 

 

非公開求人率 求人数 おすすめ度
58.2% 10289件以上

 

 

どうして募集しているはずなのに非公開なのか?どうして好条件なのか?

薬剤師 非公開求人一言でまとめるなら、「やる気・実力共に兼ね備えた薬剤師」を募集しているからです。

 

 

求人を掲載するのには、多額のお金が必要です。

 

だから、やる気の無い仕事の出来ない人を雇いたく無いといのが雇用主の本音です。

 

サッカーの選手の雇用を考えてみてください。

 

数億円でトレードした選手がいきなり故障したり、

 

全然点数取ってくれなかったらチームを経営しているオーナーに大打撃です。

 

もし、こんな風なことがあれば次の年には契約が切られます。

 

 

しかし、そんなに簡単にクビ宣告は出来ません。労働者は法律に守られているからです。

 

理不尽にクビを切ることは雇用法に違反しています。

 

だから、人員を削減する際、窓際族にして退職を自分からするように仕向けるんです。

 

自分から退職すれば問題ないということです。暗い世の中ですね。。。

 

 

こうならない為に、雇用主はやる気があり自分の思いに答えてくれそうな薬剤師を探しています。

 

なので、わざわざ非公開にして転職コンサルタントのフィルターにかけているんです。

 

 

 

また、雇用側はこんな風に考えています。

 

「キャリアコンサルタントに非公開求人を紹介してもらえた薬剤師ならきっと即戦力になってくれるだろう。」

 

「今、病院にいる薬剤師ではこのポストを埋めることは出来ないが、君が来てくれればどうにかなりそうだ!」

 

「ぜひ来てくれ!」

 

 

即戦力がキーポイントです。

 

雇用側は実力のある薬剤師を雇って薬局・病院を力強く運営しようと考えています。

 

だから、病院の薬剤部長だったり、年収650万円以上という好条件で薬剤師を集めているんです。

 

病院や薬局側はそういう真面目に働いてくれる人にはお金を出そうという考えを持っています。

 

頑張ってくれる人にはお金を出そう!っというわけです。

 

 

やる気・実力がある人と集める為に非公開にしている。
雇用側にとって有益な人材には好条件の求人が出る。

 

 

非公開求人を見つける方法

非公開求人を見つけたければ、薬剤師求人サイトに登録してください。

 

これ以外に方法がありません。

 

というのも、非公開求人を扱っているのが求人サイトだけだからです。

 

求人サイトに登録して、担当のキャリアコンサルタントにお願いをするしかありません。

 

お願いと言っても頼む程度のものですが。笑

 

これで「見つけ方」といってたら怒りますよね。。。。。

 

 

安心してください。

 

非公開求人を見つける為の2つポイントをご紹介します。

 

 

非公開求人率の高い求人サイトに登録をする。

非公開求人を探すにも、まず非公開求人がある求人サイトに登録しなくてはいけません。

 

60%以上あるものが好ましいですね。

 

非公開求人率が高いということはそれだけ雇用側に信頼されているということです。

 

ひっくり返せば、私たちにとっても親切にサポートしてくれる信頼できる求人サイトというわけです。

 

非公開求人率が高いサイトは、この下で紹介します。

 

 

カウンセリングの時に非公開求人を紹介してほしいと最初に切り出す。

自分で「非公開求人を紹介して欲しいのですが。」というのは勇気がいることですが、言いましょう。

 

相手にはっきりと非公開求人で好条件の転職がしたいと意思表示をすることが大切です。

 

出来れば、最初が良いです。

 

話が進んで、最後の方に非公開求人の話を持ってくると話がややこしくなるからです。

 

最初から非公開求人の話をしておけば、話がスムーズに進みます。