薬剤師 転職 求人サイト

薬剤師が退職するときに「返却するもの」 「受け取るもの」

薬剤師 退職 返却 受け取る退職の時に意外とトラブルのがこの話です。

 

 

白衣とか返すの忘れて後日に返却を求められたり

 

国民年金の手帳を返却してもらうのを忘れていたり

 

 

国民年金系のトラブルは最終的に老後の年金に直結する話なのでしっかり管理してくださいね。

 

1ヶ月でも滞納があると払ってもらえないということがあると聞いた事があります。

 

病院や会社を勤めていた時に貰った名刺なんかも自分のものとカウントされないので返さないと行けません。

 

特にMRの方なんかはもらった名刺が多いのではないでしょうか?

 

自分のPCに入っている取引先のデータも消去しなければなりません。

 

誰も気づきませんがちゃんとしておかないと、会社の秘密をばらしたとかで訴えられてしまう場合もあります。

 

気をつけましょう。

 

飛ぶ鳥後を濁さず、受け取るものは受け取って返すものは返して円満退職してくださいね。

 

こういった小さいこともしっかりやろうという気持ちが大切です。

 

薬剤師が退職する時に返却するもの

次に、薬剤師が退職する時に返却するものについてお話します。

 

 

健康保険被保険者証

健康保険は退職した脱退する仕組みになっています。

 

なので、退職日に無効となった保険証は会社に返却します。

 

この時点で転職先に内定が決まっていれば、転職先の会社の保険に加入します。

 

まだ、転職先が決まっていない場合は国民保険や、任意継続被保険制度を利用します。

 

 

社員証やIDカード等の身分証明書、名札、名刺

会社の社員である事を証明するものは、退職時に全て返却します。

 

トラブルに巻き込まれない為、迷惑をかけない為です。

 

会社に所持して良いと確認が取れていれば持っていても大丈夫です。

 

しかし、許可無く持っているのはやめましょう。

 

何かトラブルを起こした時に、名刺が紛失するとその会社の迷惑がかかってしまします。

 

そのトラブルが大きかった場合、会社の名前を汚したということで訴えられることがあるかもしれません。

 

会社に迷惑をかけない為にも、無駄なトラブルに巻き込まれないようにする為にも返却しておきましょう。

 

 

 

通勤定期券

通勤定期券は会社・病院に通勤する為の券なので、退職日に会社に返却します。

 

定期券は会社の経費で支払われています。

 

退社して、社員じゃなくなったのにその定期を使うことは勝手に会社のお金を使っているのと同じです。

 

 

 

制服、白衣、作業着

会社の社員であることを証明するものなので、退職日に返却します。

 

原則として、クリーニングに出してください。

 

お世話になったお礼ですね。

 

 

他社の名刺

仕事の際に公開した名刺は会社・病院の所有物なので退職にに返却します。

 

必要があればコピーをとっておきましょう。

 

 

経費で購入した、書籍や事務用品

経費で買ったものは全て会社の所有物です。

 

退職日に返却してください。

 

 

業務用の関係書類など

業務上で使用するデータや資料・書類は自分で作成したものでも会社の所有物です。

 

退職日に返却しましょう。

薬剤師が退職する時に受け取るもの

次に、薬剤師の方が退職する時に受け取るものに付いてお話します。

 

 

薬剤師免許

会社や病院に薬剤師免許証や、保険薬剤師登録票を預けている方は、退職時に受け取りましょう。

 

企業でMRなど薬剤師免許が必要ない場合でも同じです。

 

いつ必要になるかわかりまりせん。

 

すぐ返却出来る体制にあるかわからないので、早めに返却の依頼をしておきましょう。

 

 

 

離職票

雇用保険の受給手続きに必要な書類でとても大切です。

 

詳しくは、登録したキャリアコンサルタントに聞いてください。

 

退職後10日以内に交付されまが、交付されない場合は会社に問い合わせるか、ハローワークを通じて催促してください。

 

 

雇用保険被保険証

雇用保険受給手続きの際に必要になる書類です。

 

必ず会社・病院から受け取ってください。

 

転職先が決まっている場合は転職先に提出します。

 

 

源泉徴収票

所得税の年末調整をするときに必要になります。

 

年内に転職しなかった場合でも、自分で確定申告をしなくてはいけないので必ず受け取ってください。

 

 

年金手帳

厚生年金保険の加入を証明する手帳です。

 

転職先でも同じものを使用するので会社・病院に預けている場合は受け取りましょう。

今回のまとめ

最後まで、ご覧になっていただきありがとうございました。

 

このページのテーマは「薬剤師が退職時に返却するもの・受け取るもの」でした。

 

参考になっていたら、幸いです。

 

 

転職には何かとトラブルが起こるのが常です。

 

一人で転職しようとされている方は特にです。

 

転職するだけでも、精神的に負担がかかるのに、トラブルが起きると更に負荷が大きくなってしまいます。

 

そういうことにならない為には、「転職経験者に相談する」か「求人サイトのサービスを利用する」かのどちらかを行ってください。

 

文章だけだと私もザックリとしかお伝えできません。

 

誰れでも良いので相談できる人を身近に置いて転職することをおすすめします。

 

では、失礼します。