薬剤師 転職 求人サイト

薬剤師が転職することはメリットが多いのかそれともデメリットが多いのか?

 

これは転職する人みんな違うので何とも言えませんが

 

私的にはメリットのほうが多いと思います。

 

 

薬剤師の職種は多岐に渡ります。それなのに一生同じ職場で働き続けるのはいささかもったいない気がします。

 

せっかくの可能性が失われている気がします。

 

 

私の大学には変わった薬剤師の先生がいました。

 

その人は市役所で地域の公衆衛生の維持を目的として働いていましたが

 

今では、雨水の再利用をするビジネスを展開しています。

 

 

スカイツリー。

 

みなさん知っていますよね?その開発にその教授は携わっていました。

 

他にも中国の鳥の巣スタジアムなども手がけています。

 

それも最初は公衆衛生の維持からスタートしています。

 

貧困地域でどうしたら安全な水を飲むことができるのか考えそれをビジネスにしたことでその方の今があります。

 

 

医療界で薬剤師は埋もれがちですが、他にも色んな活動をしている薬剤師の方がいます。

 

一箇所にとどまることはそういった可能性を奪う行為だと私は思っているので転職推薦派です。

 

 

 

 

 

このページでは
薬剤師の方が転職する時のメリットについてお話します。
薬剤師の方が転職するメリット
薬剤師の方が転職するメリットは
色々ありますが大きく分けてこの5つだと思います。

 

年収アップ
多くの方が年収を上げる為に転職すると思います。

 

薬剤師求人サイトを通じて
非公開求人に応募すれば
お給料を上げる事はそんなに難しい事ではありません。

 

また、
企業やドラックストアなどに勤めれば
年収アップはそれほど難しい事ではありません。

 

企業に転職すれば
年収1000万円も夢ではありません。
(それなりに大変ですが)

 

キャリアup
転職をして新しい仕事・仕事場に挑戦することは、
あなたの職歴・経歴に良い影響を与えます。

 

新しい事を始めるのは
人生にやりがいや活力を与えるので
そういう面でも良い影響を与えるかもしれません。

 

 

新しい人脈
転職すれば当たり前ですが
新しい職場につき新しい人に出会います。

 

新しい人との出会いは
経験やスキルの共有
新たな発見につながるので
あなたの人生に良い影響を与えるでしょう。

 

 

Uターン・Iターン転職で優遇される
6年生の薬剤師が排出されている今でも
地方の薬剤師は不足しています。

 

なので、
地方への転職はかなり優遇されます。

 

都心よりも
好条件の求人があります。

 

 

自分のライフスタイルに合わせた転職が出来る
薬剤師は
病院・企業・ドラックストアなど様々な働き方があります。

 

なので、
子供の子育てがひと段落して
学校の間だけ仕事をするや

 

昼間に
本当にやりたいことをやって
夜間だけ働くやその逆
(僕の知り合いには昼間に薬剤師アルバイトをして夜にバンド演奏している方がいます)

 

 

 

 

 

 

このページでは
薬剤師の方が転職する時のデメリットをお話します。
薬剤師の方が転職する時のデメリット
薬剤師の方が転職する時のデメリットは
下記の項目です。

 

 

希望通りではなかった

 

薬剤師求人サイトの転職コンサルタントを
利用して雇用条件を確認
代理交渉してもらえば普通大丈夫なんですが
適当に転職しているこんな事になります。

 

 

・募集時の条件と違った
・条件が良くても職場の雰囲気が良くなかった

 

などです。

 

この事に
転職した後に気づいても遅いです。

 

担当のコンサルタントに
ちゃんと確認をとってください。

 

 

これはどっちかと言うと
薬剤師求人サイトを利用しないで
自分だけで転職しようとする方に多く見られます。