薬剤師 転職 気を付ける

薬剤師が初めての転職で抑えておくべき5か条!

Q:薬剤師の転職で気を付けるポイントはありますか?

 

A:転職する時の5つの心得についてお話します。

 

薬剤師 転職 気を付ける

 

「初めての転職で、何から手を付けて良いのかわかない。。」

 

 

初めての転職だと、この様に思う方がほとんどだと思います。

 

経験のしたことが無いことに対して、知識のない中立ち向かうのは大変です。

 

 

そんな方の為に、「転職で抑えておくべき5つのこと」についてお話します。

 

これさへ抑えておけば、転職の基礎は固まります。

 

 

以下の順でお話します。

 

@まずはスケジュールを立てよう!

 

A会社選びは直観が大切!

 

B履歴書・職歴経験書はパンフレット!

 

C面接は自分を紹介するステージ

 

D飛ぶ鳥跡を濁さず!円満退職!

 

 

 

まずは転職活動のスケジュールを立てよう!

薬剤師 転職 気を付ける 

 

 

何を始めるにも、まずはプランを練りましょう!

 

薬剤師の転職にかかる期間は約2か月です。

 

 

中には、本当に早いと最短で3日で転職を終えてしまう方もいらっしゃいます。

 

ですが、3日は例外です。

 

どんなに早く転職が終えられると思っても最低2〜3週間はかかると考えておいてください。

 

 

転職期間を決めないと、いつまでもダラダラとしてしまいます。

 

その結果、求人探しも中途半端、現在の仕事も中途半端になってしまう方が大半です。

 

 

確かに仕事を続けながら、転職のスケジュールを考えるのは大変なことだと思います。

 

ただ、しっかりしたプランを練って転職活動をしないと転職の結果もいまいちになりかねません。

 

ダラダラやっても仕方がないということです。

 

 

また転職する前に、今の仕事を辞めてしまう方がいらっしゃいますが、それはおすすめできません。

 

どれだけ貯蓄があっても収入がなくなる恐怖は大きいものです。

 

 

どうしても、「早く転職しなければ、、、」っと焦ってしまいます。

 

焦り始めると、最初に希望していた条件を妥協して、全然希望とは関係のない転職をしてしまいます。

 

 

かといって、転職を経験したことのない方が大半のはず。

 

プランを練ったほうが良いことはわかっても、どういった目安を立てればいいのかわからない方が大半だと思います。

 

そういった時は、薬剤師求人サイトに登録することをおすすめします。

 

 

こういった転職サイト利用すれば、担当のキャリアコンサルタントがあなたに合った転職プランを一緒に立ててくれます。

 

転職のプロが立ててくれるプラン。これほど心強いものはありません。

 

 

私がおすすめする転職サイトはこのページに掲載されています。

 

「薬剤師転職サイトはこちら」

 

会社選びは、直観が大切です!

薬剤師 転職 気を付ける 

 

 

求人情報を探していると膨大な求人数に圧倒されると思います。

 

薬剤師だと特にです。

 

 

6年制の薬剤師が世に羽ばたいた今でも、薬剤師はまだ売り手市場だからです。

 

コンビニの数ほど増えた薬局やドラックストアによって求人数が膨大に増えています。

 

 

このサイトには各転職サイトの詳細が掲載されているページがあります。

 

そのページを見てみると良くわかると思います。

 

 

話を戻します。

 

どうして、会社選びに直観が大切なのかという話ですね。

 

一言で言うと「求人数が膨大だから」です。

 

たくさんの求人を見ていると、どれが自分に合った会社なのかわからなくなってしまいます。

 

 

選択肢が多いし、似ている求人もあるので仕方ないことです。

 

なので、少しでもピン!っとくる仕事や企業があったら、とりあえずエントリーしてみるべきです。

 

 

また、自分に合った求人は一人で探すべきではありません。

 

というのも、自分では客観的に調べているつもりでも、どうしても主観的になってしまうからです。

 

見かけ上は自分の希望に合っていると思っていても、細かい条件が食い違っていることが多いです。

 

 

働き始めてから気づいても遅く、取り返しがつきません。

 

そういった失敗をしない為にも、自分の他にもう一人求人を見てくれる人を置くことをおすすめします。

 

奥さんもしくは夫、または友達でも良いと思いますが、転職経験のある人・転職に長く携わっている人が良いです。

 

 

転職がわかっている人じゃないと気付けない落とし穴もあるからです。

 

周りにそういった人がいないのなら、転職サイトを利用するのが一番早いです。

 

履歴書・職務経験書は自分を売り込むパンフレット!

薬剤師 転職 気を付ける 

 

 

新卒時代との大きな違いは、職務経験書の提出があることです。

 

エントリーする会社は、「履歴書」「職務経験書」の二つだけであなたを判断します。

 

つまり、この2つの書類はあなたを売り込むパンフレットということです。

 

 

なので自分を「商品」と見据えたうえで、

 

自分がその会社に貢献できる「売り」となる部分をしっかり書くことが必要です。

 

 

薬剤師の転職理由のほとんどは「人間関係の悪化」です。

 

何が言いたいのかというと、転職の理由はほとんどネガティブなものだとこと。

 

 

かといって、これを正直に履歴書に書いてはいけません。

 

パンフレットなのですからなるべくポジティブに書きましょう。

 

 

例えば「人間関係の悪化」なら「お互いを高めあえるような仲間がいる職場で働きたい」というように、

 

ネガティブをポジティブに変換できるかが良い履歴書を書くポイントです。

面接は、自分を見せるステージ!

薬剤師 転職 気を付ける 

 

 

履歴書で自分の「売り」を理解してもらったら、今度はあなた「そのもの」を見てもらう番です。

 

アグレッシブに自分を売り込むことが大切だと思われガチですが、それは違います。

 

 

確かに、「自分を売り込むこと」は大切です。

 

しかし、それ以上に大切なのは「面接への準備」

 

 

募集要項から会社が求めているものを理解し、自分の話の中に興味を持ってもらえるキーワードを入れ込むことが大切です。

 

自分を良く見せよう!良く見せよう!っと頑張ている姿ほどみすぼらしいものはありません。

 

 

ただのナルシストと同じです。

 

過度なナルシストがほとんどの人に嫌われることを考えてみればわかりますよね。

 

 

相手に興味を持ってもらうには、相手が興味を持っていることを話の中に散りばめること。

 

興味さへもってもらえればこっちの勝ちです。

 

 

売り手市場の薬剤師なら、この時点で転職が決まると思ってもらって大丈夫なはずです。

飛ぶ鳥、跡を濁さず!退職はキッパリと!

薬剤師 転職 気を付ける 

 

 

退職はきっちりと行いましょう。

 

退職する旨を伝えたら、しつこい引き止めにあった、、っと言うのは良くある話です。

 

 

ただ、迷ってはいけません。

 

しっかりと意思表示をして、しっかりと断りましょう。

 

 

また、円満退職する為に引き継ぎもしっかりして置く事をおすすめします。

 

急に余裕をもって退職の意思表示をして、それから自分の後任を見つけておきましょう。

 

 

円満退職についてはこのページに記載してあるので参考にしてみてください。

 

「円満退職に大切なこと」

今回のまとめ!

薬剤師 転職 気を付ける

 

「薬剤師が転職するうえで気を付けるべきこと」というテーマで話をすすめてきました。

 

参考になりましたか?参考になっていれば幸いです。

 

 

転職は人生の分岐点です。

 

希望通りの転職がかなえられれば良い方向にすすむし

 

失敗すれば悪い方向にすすんでしまいます。

 

 

今回、薬剤師が転職するうえで気を付けるべきポイントを5つ上げさせてもらいました。

 

@転職スケジュール

 

A会社選び

 

B書類について

 

C面接について

 

D退職について

 

これらについて気を付けておけばそれなりに転職が出来るはずです。

 

 

それでも不安な場合は「薬剤師転職サイト」を利用することをおすすめします。

 

転職スケジュールの調整から求人探し、書類関係・面接同行などいろいろサポートしてもらえます。

 

登録すれば担当のキャリアコンサルタントがついてくれて安心ですよ。

 

トップページに評判の良い求人サイトをまとめてあるので参考にしてください。

 

→「評判の良い薬剤師転職サイト(トップページ)」