薬剤師 転職 求人

薬剤師は転職の理由を明確にすることが、成功への近道!!

Q:転職理由はどうしたらいですか?

 

A:なるべく明確した方が良いです。詳しくは中段から。

 

薬剤師 転職 理由

 

「どうして転職したいんですか??」

 

あなたはこの問いに明確な答えを持っていますか?

 

 

明確な答えや目標を持てていない方が多いのではないでしょうか?

 

しかし、明確な理由がない転職は成功しないと考えてください。

 

なぜなら、「理由が決まっていないということは、結局のところ理想の職場もわかっていない」ということだからです。

 

このベージでは、そんな転職理由についての悩みを解消するためのアドバイスをお話しします。

 

 

以下の順で話を進めていきます。

 

@薬剤師に多い転職理由

 

A不満を解消しても満足にはならない

 

B転職理由を明確化する3ステップ(重要)

 

C今回のまとめ

 

1薬剤師に多い転職 2大理由

薬剤師 転職理由 

 

 

「不満を解消したい」

 

「より自分にあった職場で働きたい」

 

どうして転職したいんですか?っと聞くと多くの薬剤師の方がだいたい、この二つのうちはどちらかを話ます。

 

 

見てわかる通り全く明確な理由ではありません。

 

収入に不満があるのか?

 

仕事内容に不満があるのか?

 

人間関係に不満があるのか?

 

自分にあった職場ってどんな職場なのか?

 

このようにしっかりと理由が上げられない人には転職はお勧めできません。

 

というのも、また転職を繰り返す羽目になる可能性が高いからです。

 

 

薬剤師の生涯転職回数の平均は4.3回です。

 

一般の人に比べて2倍ほど多くなっています。

 

 

薬剤師は国家資格を持っているので働き場所に困らないことがこれに関係しています。

 

どんなに転職しても、すぐに次の職場が決まるので転職への考え方が甘いんだと考えています。

 

※全ての人がという訳ではありません。

 

中には明確な理由を持って希望の転職を叶える人がいます。

 

ここで言いたいことは、「不明瞭な理由で転職すると転職を繰り返す」ということです。

不満をなくしても満足には繋がらない

 

次に「不満」についてお話したと思います。

 

アメリカの臨床心理学者ハ−ズバーグがこんなことを言っています。

 

「不満要素をいくら取り除いても満足には繋がらない」

 

 

多くの人が不満をなくせばより良い人生になると信じていると思います。

 

その結果が、「不満を解消したい」という転職理由が増えている原因だと思います。

 

しかしながら、薬剤師の転職理由で多い「不満を解消したい」という転職理由は満足にはつながらないということをハ−ズバーグが言っています。

 

 

では、何をすればいいのでしょうか?

 

答えは簡単です。

 

転職後、仕事に満足感を得たいのなら

 

転職後の自分がどのようになっていたいか明確にし、それを実行することです。

 

 

かといって、未来の自分を想像すると言ってもなかなか難しいものです。

 

そんな時はこれを考えてみましょう。

 

 

仕事への満足感には以下の5つの要因が関わるとされています。

 

「達成すること」

 

「承認されること」

 

「仕事そのもの」

 

「責任」

 

「昇給」

 

この5つの要因を軸に、自分がどのようになっていたいか考えれば転職理由が明確化されより良い転職が出来きます。

 

次にの項目では、より自分の将来像を明確化するための3ステップをご紹介します。

 

3転職理由を明確化する3ステップ

薬剤師 転職理由 

 

 

「仕事、生活に対する価値観の明確化」

 

まず、押さえておきべきなのはこの部分です。

 

仕事に対して、普段の生活に対して自分が何を大切にしているのか?または何を大切にしていきたいか?考えておきましょう。

 

仕事たったら、

 

・色んな処方が見れる

 

・在宅業務ができる

 

・定時にあがれる、残業がない

 

・適切な評価制度がある

 

・風通しがいい社風 などなど

 

 

生活だったら、

 

・趣味に使える時間が欲しい

 

・寝る時間を確保したい

 

・家族といる時間を大切にしたい などなど

 

簡単でいいのでこの様な感じで書き出しましょう。

 

「自分の価値観を認識すること」が大切です。

 

 

「その実現のために必要なものは何か考える」

 

次に、先ほどあげた項目にこれをやります。

 

ここはできるだけ明確にしてください。

 

もし、「給料がいい」が大切な項目なら、「どれくらい給料」で幸せになられるかまで考えてください。

 

限度はありません。

 

とにかく、自分が幸せと感じるまでには「何がどれくらい必要なのか」知ることが大切だからです。

 

 

例をあげると以下のようになります。

 

・色んな処方→病院の門前や駅前の薬局

 

・在宅業務ができる→在宅をやってる会社

 

・家族との時間→有給取得率100%の会社

 

これが、転職の先に求める希望条件になります。

 

 

「優先度の高い3つに絞り込む」

 

残念ながら、全ての希望条件を満たす転職先はありません。

 

希望の条件が高ければ高いほど、希望の数が多ければ多いほど、転職先の枠は狭まります。

 

 

ステップAで上げた希望条件の全て大切だとは思います。

 

ですが、これだけは外せないという項目を3つに絞ってください。

 

また、この3つに関しては転職のさい絶対妥協しないでください。

 

この3つがあなたの転職の軸になります。

今回のまとめ!!

薬剤師 転職理由

 

今回は「薬剤師の転職理由を明確化する」というテーマでお話しました。

 

参考になりましたでしょうか?参考になっていれば嬉しいです。

 

 

何をするにしても明確な理由・目標は重要です。

 

このページにある3ステップを利用して、皆さんの転職理由をより明確にしてみてください。

 

 

もし自分で考えていてわからなくなったらキャリアアドバイザーに相談することをおすすめします。

 

キャリアアドバイザーに相談するには転職サイトに登録しないといけません。

 

ですが、登録しても転職しなければならないといわけではありません。

 

気軽に登録してみてください。

 

 

スタッフのレベルが高い求人サイトはトップページにまとてあるので、参考にしてください。

 

→薬剤師転職サイトまとめ