薬剤師 年収

薬剤師の職場毎の年収の違いについて

Q:薬剤師の職場毎の年収の違いはどれくらいあるんですか?

 

A:中段で詳しくお話します。

 

薬剤師 職場 収入

 

職場によって薬剤師の年収は異なります。

 

なので収入をUPさせたいという理由で転職する場合、

 

どこに転職するかが重要になってきます。

 

 

このページをご覧になっているということはそういったことが知りたいということだと思います。

 

今回のテーマは「薬剤師の職場毎の年収について」です。

 

読んでいただければ自分が転職した後の収入のイメージがつくと思います。

 

 

以下の順で話を進めます。

 

@調剤薬局の収入について

 

Aドラッグストアの収入について

 

B病院薬剤師の収入について

 

C企業(MR)の収入について

 

D今回のまとめ

 

 

調剤薬局の場合

 

調剤薬局の平均年収は約450万円〜550万円くらいです。

 

地域や規模によって、調剤薬局の年収に差があります。

 

また、管理薬剤師になると最低でも年収は500万円を超えます。

 

 

薬学部の6年制+地方の過疎化によって地方の薬剤師不足は深刻化しています。

 

その為、地方の調剤薬局では年収が800万円を超える求人も探せば出てきます。

 

 

傾向として、大手企業に転職するよりも、

 

中堅〜小規模クラスの薬局の方が最終的に年収が高くなることがわかっています。

 

これは、中堅〜小規模は人材が不足していることと、管理薬剤師などの役職に昇格するまでの期間が短い事が理由です。

 

 

大手と中堅〜小規模クラスの薬局の違いは、年収の他に福利厚生があります。

 

福利厚生はやはり大手の方が手厚いです。

 

 

転職先を選ぶ際、年収も大切になってきますが、福利厚生も重要な要素です。

 

しっかりと検討して、どっちを優先していくのか決めることが大切になってきます。

 

 

調剤薬局の収入のまとめ

 

平均年収は450万円〜550万円。

 

収入の伸び率は中小規模の薬局の方が高い。

 

福利厚生は大手の薬局の方が良い。

ドラッグストアの場合

 

ドラックストアの平均年収は450万円〜600万円くらいです。

 

年収は最初から400万円を超えているところがほとんどです。

 

上限は700万円と薬局に比べて100万円ほど高くなっています。

 

更に、店長クラスになると700万円を超えます。

 

また、調べによると非公開求人の中には、ドラックストアで年収1000万円の求人も存在しているようです。

 

 

ドラックストアの傾向としては、調剤薬局とは異なり地域差があまりなく年収が500万円ほどで停滞することが多いようです。

 

これは、ドラックストア市場が拡大しすぎたことが原因だと言えます。

 

また、OTCの販売だけなら何も登録販売者の資格を持っている人なら販売可能だということも理由の一つと言えるでしょう。

 

 

ドラッグストアの特徴としては、薬品関係の仕事以外にも仕事があることです。

 

例を挙げるなら、健康食品や日用品の品出しやレジ打ちなどです。

 

 

なので、薬剤師として薬だけを扱いたいのなら向いていないかもしれません。

 

しかし、政府の方針としてセルメディケーションを進め予防医療を奨励しています。

 

そのことを考えると、OTCが扱えるドラックストアも薬剤師としてのスキルアップできる職場と十分いえるでしょう。

 

 

ドラッグストアの収入についてのまとめ

 

平均年収は450万円〜600万円。

 

店長クラスになると700万円くらいになる。

 

収入は高く年収1000万円を超える求人も存在する。

病院薬剤師の場合

 

病院薬剤師の平均年収は約400万円〜500万円くらいです。

 

最初のうちは、年収400万円と薬局ともドラックストアともあまり変わりません。

 

しかし、大きな病院で夜勤があるとその分大きな手当がつくので年収が高くなることが予想されます。

 

また、長年勤めると年収は600万円以上と高い年収を望めます。

 

さらに、「薬剤部長」などの役職につければ年収はゆうに1000万円を超えます。

 

 

しかし、薬剤師の皆さんならご存知の通り、病院薬剤師は激務です。

 

医薬品や病態に対して高い理解と知識が無いと勤まりません。

 

また、年収600万円を超えるといってもそれは何年も働いたあとのことです。

 

なので、年収UPを目的に転職する方にはお勧めしません。

 

 

病院は民間病院と公立病院の2種類存在します。

 

民間は一企業に雇われるのと同じです。

 

公立に勤めると公務員と同じ扱いになります。

 

 

この2つの大きな差は、「確実に昇給するかしないか」です。

 

公務員は国が定めた制度によって一年毎に必ず昇給します。

 

公立病院の薬剤師も例外ではありません。

 

 

なので、新卒からずっと勤めていると年収700万円をこえられます。

 

これに対して、民間病院の昇給制度は運営会社に委ねられます。

 

経営がうまく行かなければ昇給しないし、上手くいっていても昇給するかわかりません。

 

このことを考えると、病院は「やりがい」を求めて転職する人にお勧めの職場と言えるでしょう。

 

 

病院薬剤師の収入のまとめ

 

平均年収は400万円〜500万円。

 

公立病院だと確実に収入が伸びていく。

 

民間病院だと毎年昇給するかわその病院しだい。

企業の場合(MR想定)

 

製薬企業の平均年収は約600万円〜800万円くらいです。

 

製薬企業で働く場合、MR・CRC・研究者の3つがあげられます。

 

今回はこの中でMRを想定してお話させてください。

 

というのも、企業の転職のほとんどがMRへの転職だからです。

 

 

MRと言えば、薬剤師の職種の中で一番収入の多い職業です。

 

30代で1000万円も実現可能な夢の職です。

 

 

製薬企業は内資系と外資系の2種類あります。

 

内資系はアットホームで温かい社風が特徴です。

 

外資系は個人主義で実力が全ての世界です。

 

 

年収を比較すると外資系の方が高くなります。

 

実力主義なので、頑張って実績を伸ばせば伸ばすほどそれに比例して収入も伸びに伸びます。

 

働きやすさの内資系・実力主義の外資系どちらを選ぶかはあなた次第です。

 

 

薬剤師じゃなくてもできる職業ですが、

 

医療現場を知っている薬剤師だからこその知識を使えば私たちに有利な職業です。

 

 

薬だけでなく医師がどんな性格なのか大体わかりますからね。

 

やりがいと年収を追い求めているならおすすめの職業です。

 

 

企業(MR)の収入についてのまとめ

 

MRの平均年収は600万円〜800万円。

 

内資か外資によって職場環境が大分異なる。

 

実力次第では1000万円を超える。

今回のまとめ!

薬剤師 転職 収入

 

「職場ごとの薬剤師の収入について」というテーマで話をすすめてきました。

 

参考になりましたでしょうか?参考になっていれば幸いです。

 

 

転職において「やりがい」や「勤務時間」は外せない項目だと思いますが、「収入」も同じように重要ですよね?

 

今回お話した通り薬剤師の収入の変動は職場によって異なります。

 

 

最後に各職場の年収について一言でまとめておきます。

 

調剤薬局→平均的

 

ドラッグストア→少し高め

 

病院→労働に対して低い

 

企業→実力次第で大きく伸びる

 

 

最後までよんでいただきありがとうございました。

 

皆さんが幸せな転職をかなえられることを願っています。

 

関連ページとして「薬剤師は転職したら給料が下がる?」というページがおすすめです。