薬剤師 転職 求人ランキング

求人情報の充実度や、顧客満足度、過去の転職支援実績、利用者からの口コミなど様々な基準に基づいて、
当サイト独自の視点で比較・検証した本当にオススメできる薬剤師求人サイトをランキング形式でご紹介しています。

 

専門の薬剤師求人サイトを利用することで、良質の求人に出会う可能性は高まります。
もし、本気で転職先・復職先をお探しでしたら複数登録してください。

 

※登録は無料です。お祝い金をもらうことの出来るサイトもあります。

 

 

 

薬剤師プロ
全国の求人案件数が18,261件とそれほど多くないですが、
メディプロは特に病院系に強く業界TOPの求人数です。
転職コンサルタントが充実していて、調剤未経験の方を企業から調剤薬局への転職など成功実績を見ても期待できます。
また、転職を必ず成功させる為にイベントを開催したりとサポートが徹底しています。
サポートが徹底しているので、一番最初に登録するサイトとしてもオススメです。
ここで転職のノウハウを学んで他で転職するのもありだと思います。

 

 

 

ファーマジョブ
ファーマジョブは本社以外にも各地に支社を所有してをり、
他に比べて地域の求人に強くなっています。
ファーマジョブの求人の70.1%が非公開求人ということもあり
年収650万円以上・年間休日数135日以上・残業無しなどの希望条件にマッチした求人を多く所有しています。
地域で活躍したいと思っている方に特にオススメです。

 

 

 

薬剤師のお仕事
全国の求人数は36,500件と圧倒的に多い求人サイトです。
求人は世界3位の規模を誇る医療グループや
日本最大級の病院グループから取得した求人を扱っています。
その為、ライフワークや子育て支援制度がしっかりした良質な求人を多く所有しています。

 

求人数が大変多いのでどんな薬剤師のニーズにも対応しています。
週一回のパートも可能です。
とりあえず求人探したい方は一度無料登録することをオススメします。

 

 

薬剤師ではたらこ

 

この求人サイトを無料登録する一番のメリットは祝い金10万円がもらえるという点です。
また、薬剤師ではたらこでは転職失敗しない為に、
コンサルタントを通じて企業・病院の詳しい職場の情報をゲットする事が出来ます。

 

他とは違い薬剤師はたらこでは
コンサルタントが扱える薬剤師の人数に制限し、一人一人じっくりとサポート出来る体制を採用しています。

 

初めての転職で不安を抱えている方は、
薬剤師ではたらこのじっくりサポートを受ける事をオススメします。

 

 

 

 

キャリアブレイン

 

キャリアブレインを無料登録するメリットは本格的な職業適正診断が受けられる事です。
自分が何向いているか客観的にしる良いきっかけになります。
また、数多くの求人を見てきた薬剤師転職コンサルタントが選んだ求人を他のサイトより早く好条件の求人を見つけることが出来ます。
キャリアブレインだけでやっている職業適正診断を受ける為だけでも無料登録をする価値があります。
まだどんな職業につくか決まっていない方に特にオススメです。

 

 

このランキングで1位になっていても、2位のサイトの中にも良質な求人が眠っている可能性があります。

 

複数のサイト(3〜4サイト)に登録すると漏れがなくなり、
より自分の希望した理想の職場に転職・復職出来るようになるので
複数のサイトに登録することをオススメします。

皆さんはこの問題をどう思いますか?

 

そもそも、薬剤師は専門的に薬を扱う職業です。

 

 

ただ、薬の服用の仕方を教えると言ったことなど言った単純な事

 

以外にも薬剤師の力を発揮する場所はあると思います。

 

 

薬科大学では、薬の他にも色々な事を学びます。

 

放射線のこと、ウィルスのこと、公衆衛生のことなどたくさんです。

 

 

これだけ学んで病院や薬局だけで一人の患者様に足して接客するのはもったいないと思います。

 

確かに、この仕事はとても大切です。基本業務ですからね。

 

 

ですが、世の中には薬に対して間違った考え方を持っている方も大勢います。

 

 

この前フェイスブックで見たのは

 

子供の時に薬を飲んでも全く病気が治らなかったからそれ以来全く薬を飲んでいないと言う人がいました。

 

 

薬は日々進化しています。

 

その人が子供の時に飲んだ薬が本当に聞かなかった可能性もありますが、基本的にはそんなことはないと思います。

 

飲み忘れやの過ぎなど、服用の方法を守っていなかったりしたのかもしれません。

 

 

薬は食事の前と後で血中に取り込む量が変わる事なんて一般の人にはわからないのです。

 

でもそれを知っているのは薬剤師か医者だけだと思います。

 

看護師の方も知っているのかもしれませんが、ほとんどの方はどうして血中濃度が変わるのかや

 

どうして薬がこういう形になっているのかなどそこまで詳しくしらないと思います。

 

 

私は、そういう事を一般の人に公演などして広めていくのも薬剤師の仕事だと思います。

 

薬の正しい知識を多くの人に知ってもらうことは世界中の人の健康につながるでしょう。

 

最初は誰も聞いてくれないかもしれません。

 

ですが1人から10人、10人から20人と徐々に数を増やしていけばいいんです。

 

 

言いたいことはたくさんありますが、とりあえず今日はここまでにしておきます。

 

では!

仕事を続けていく上で、いろいろなことがあります。

 

当然、薬剤師でも同じことです。

 

その職業に魅力を感じていなければ、長く続けていくことは難しいでしょう。

 

薬剤師になろうとしている人は、その魅力について考えてみませんか?

 

薬剤師は専門職であることが一番のポイントです。

 

薬剤師は、専門職なのでそれなりに社会的な地位が認められています。

 

薬剤師の年収も安定したものになります。

 

結婚や出産で職場を離れても、薬剤師の免許を持っていれば就職先を探すことで苦労することはありません。

 

パートや派遣社員としての働き方も可能です。

 

自分の生活リズムに合わせた働き方をすればいいわけです。

 

最近はドラッグストアでの薬剤師の求人が増えています。

 

たとえ引越しをしても、その地域にあるドラッグストアに勤めてみるのもいいでしょう。

 

薬剤師の仕事は全国共通です。

 

やるべきことは明確になっているのです。

 

もちろん、薬局によって雰囲気は異なります。

 

そのような事情はどんな職業であっても同じことであり、薬剤師特有のことではないのです。

 

薬剤師資格とは国家資格ですから、その資格を持つ人だけができる仕事があります。

 

誰にでもできるわけではないのです。

 

薬剤師としては、自分の資格に恥じないように確実な仕事ができることが大切です。

 

専門的な知識を活かせるような職場を探すことです。

 

誰でも経験することで、仕事の進め方を改善していきます。

 

薬剤師として後輩を指導できるような調剤仕事をやりたいものです。

薬剤師転職

薬剤新求人情報を専門的に扱っている企業を紹介します。

 

たくさんの薬剤師が登録し、全国の薬剤師求人情報がどんどん集まってきています。

 

基本的に薬剤師は専門職なので、

 

誰でもができる仕事ではありません。

 

そのため、求人条件は比較的良いです。

 

情報の中には自分の希望する条件を見つけることができます。

 

日本調剤グループのメディカルリソースが運営している薬剤師専門の求人サイトがファルマスタッフです。

 

もちろん、他の企業の求人サイトもありますから、あなたの希望をかなえてくれそうな求人サイトを探すことが大切です。

 

ファルマスタッフの特徴は薬剤師専門のコンサルタントが徹底してサポートしてくれるところです。

 

ファーマスタッフの利用者の数は3万人以上に上ります。

 

 

薬剤師と一言に行っても、その待遇は地域や勤め先によって大きく異なっています。

 

自分が希望する条件を持っているかを明確にするところが始めなければなりません。

 

勤め先としては

 

薬局、病院、ドラッグストアなど、多様な求人が期待できます。

 

また、働き方も正社員、パート、派遣があります。

 

ドラッグストアや調剤薬局は日本全国、どこの小さな町もあります。

 

あなたの薬剤師としてのキャリアを活かすことができる求人情報をたくさん調べることが大切ですね。

 

求人サイトの傾向として、多くの情報が集まるところに登録する人が増えます。

 

それがさらに薬剤師求人情報を呼び込むことになるのです。

 

転職に悩む

薬剤師がアルバイトするとき、便利なのは、

 

自分が住んでいるところの近くで仕事ができることです。

 

また、時間も比較的自由に決めることができます。

 

大きな収入を求めないのであれば、働き方として悪くはありません。

 

ただ、薬剤師は専門職ですから、学生が気軽に始められるアルバイトとは異なります。

 

そもそも薬剤師アルバイト求人に対する応募数が少ないです。

 

また、報酬もアルバイトにしては薬剤師は高額で、自給2千円が相場です。

 

働き場所は、ドラッグストアや調剤薬局が一番多いです。

 

夜間に薬剤師の仕事はありませんから、夜遅くまで働かなければならないことはないです。

 

アルバイト募集の情報を集めているサイトで自分の希望を検索してみましょう。

 

求人サイトには、日本全国の情報があります。

 

住んでいる地域を選択することで簡単に求人を見つけることができます。

 

薬剤師を求めている雇用側は、アルバイトをどう考えているのでしょうか。

 

基本的に、薬剤師が必要なところは必ず店舗を構えています。

 

アルバイトといはいえ、長期間の雇用を前提としています。

 

高収入ですが短期間のアルバイトはないと考えておいてください。

 

薬剤師としてやるべきことは同じとしても、

 

店舗毎に覚えなければならないことは異なっています。

 

また、煩わしい人間関係もないわけではありません。

病院薬剤師の方ならば、一度位は臨床試験に携わったことはあるのでは無いでしょうか?

 

臨床試験は新薬を世に出すための重要な試験です。

 

この試験をパスしなければヒトの病気にちゃんと効果があるのか、

 

副作用はどんなものがあるのかわかりませんからね。

 

 

しかし、最近臨床試験のデータが改ざんされていたというニュースを良く耳にする気がします。

 

病院でしっかりと検査をしたのに、製薬会社のでデータの改ざんがされていたと言うものです。

 

 

これに対して薬剤師である私達はどんなことができるでしょうか?

 

皆さんはどんなことができると思いますか?

 

 

薬の専門家して、日々その知識を増やしている私達ならその改ざんされたデータを見れば隠蔽を発見できるのでは無いかと思うことがあります。

 

 

MRの人は医者ではなく薬剤師に営業に行き、その後薬剤師が大変有効な薬だと判断したものだけを

 

医者に伝えるという二段階に分ければ、もしデータが改ざんされていたとしても自分の病院でその薬が使われるのを防ぐことが出来ます。

 

 

そうなれば患者様にとっても病院の信頼にとっても大変良いことだと思います。

 

そんなに簡単な話ではないと思いますが、こうのようにしたほうがより安全で患者様のためになると思うのです。

 

 

製薬会社からしてみたら利益が落ちるかもしれないことなので痛い話かも知れませんが、

 

逆に言えば臨床試験がしっかりしていて良い薬であれば医者に言うより薬剤師に言ったほうがずっと価値がわかって貰えると思うのですが違いますかね?

 

 

 

皆さんはこの考えをどう思いますか?

 

あなたの意見を聞かせてください。

転職の悩み

皆さんはどう思いますか?

 

薬のことは薬剤師が、手術などの患者様に触る行為は医者という医薬分業が進んでいる現在ならではの問題だと思います。

 

実際、医薬分業はどこまで進んでいるのでしょうか?

 

 

私は、そこまで進んでいないと思います。

 

 

と言うのも、人の考え方は誰かに何かを言われたからと言ってすぐに変わるものでは無いからです。

 

私の薬剤師仲間でも、医者に処方がおかしいと意見したところ門前やらしているんだから口答えするなとか

 

問い合わせても何も返事が無いことがあったそうです。

 

 

あくまで、一例なので医者が全てこんな事をしていると思わないでください。

 

お医者さんは人間力も知力も素晴らしい人ばかりです。一部にはこういう人がいるということです。

 

 

と言っても、お医者さんに意見できる人は少ないように感じます。

 

それは、病院での権力が薬剤師の方が下だからということと

 

門前薬局という立場上、反論しにくいといことがあると思います。

 

 

お医者さんに嫌われるとその後に厄介なことが待ち受けていると思うと反論出来ませんよね。

 

しかも、お医者さんは多忙を極めています。

 

薬剤師の意見なんて聞いている暇はありません。

 

 

そんな状況で、副作用のがどうのっといってもちゃんと聞いて貰えるでしょうか?

 

全部薬剤師が悪いと言い切れるでしょうか?

 

確かに、処方するのは薬剤師です。でもその処方を決めるのは医者です。

 

間違いを指摘してそれをスルーされても勝手に処方を変えるわけには行きません。

 

 

 

薬剤師の転職