薬剤師 履歴書

Q:薬剤師が履歴書を書くポイントはありますか?

 

Q:薬剤師が履歴書を書くときに気を付けポイントはありますか?

 

A:あります。中段より説明します。

 

薬剤師 履歴書

 

履歴書はあなたをよく見せるパンフレットです!

 

履歴書は商品(商品)を売り込む為の、パンフレットと同じです。

 

求人先の人事が、あなたのことを一番最初に知るためのツールが履歴書。

 

ここがしっかりしていないと、面接にも進めないかもしれません………

 

 

逆に履歴書がしっかりしていれば、それだけで採用担当のあなたに対する印象値はグッと上がり今後面接に進んだときに有利になります。

 

 

また、就活だっと履歴書はじっくり見てもらえることが少ないですが転職となると話は別です。

 

これは、応募してくる人数が転職のほうが圧倒的に少ないからです。

 

応募が重なっても就活の時とは異なり数十人?数百人と重なることはありません。

 

まず、多く重なったとしても2〜3人でしょう。なので、履歴書は本当に隅から隅まで見られます。

 

 

薬局・ドラックストアーだって一つの会社です。経営が厳しくなれば潰れてしまいます。

 

できるだけ、良い人材を確保したいと思うは当たり前です。

 

実際にそうですが、薬剤師は売り手市場で転職しやすいと有名です。

 

正直な話、人材紹介会社を利用すれば、ほぼ転職に失敗することはありません。

 

 

ですが、内定をもらってから良い印象のまま働き始めるには第一印象がとても大切です。

 

その第一印象を決めるのは「履歴書」といっても過言ではありません。

 

なので、しっかり履歴書を作成することが大切です。

 

 

このページは「薬剤師の為の履歴書講座」がテーマです。

 

以下の順にお話ししていきます。

 

@必ずチェックしてほしい3point!!(重要)

 

A履歴書の各項目について

 

Bそれでもまだ不安な時は???

 

 

 

必ずチェックしてほしいポイント(重要)

誤字脱字はNG!

 

必ずないようにしてください。

 

薬剤師には、些細のミスも許されません。

 

規格を間違えたら、それだけで患者さんに何が起こるかわかりませんからね……

 

それで、訴訟になったら……恐ろしいですね………

 

 

そんなにプレッシャーに感じなくてもいいですが、人事の人は誤字脱字からも人柄を考えます。

 

誤字脱字があると、「おっちょこちょいなのかな?」「よくミスをする人なのかな??」と思われかねません。

 

 

実際に、履歴書の内容は良かったのに誤字脱字のせいで面接に進めなかった人柄いるくらいです。

 

パソコンで書いたとしても、手書きで書いたとしても、何度も見直し押してケアレスミスを潰してください。

 

 

志望動機はしっかりと!

 

履歴書の中で一番重要視されるのは「志望動機」です。

 

経歴や職歴なども確かにみられますが、志望動機に比べれば重要度は下です。

 

 

優れた実績が無くても、しっかりとした軸のある志望動機やその会社の運営方針に合っている志望動機が書けていれば人事の目に留まりやすいです。

 

また、志望動機は転職先で何をしたいのか・何を求めて転職に踏め出したのかアピールする場です。

 

 

志望動機を書く上で抑えて欲しいポイントは3つです。

 

・その会社で何がしたいのか

 

・どうしてその会社を選んだのか

 

・その会社に対して自分は何ができるのか

 

この3つを上手くまとめてあれば、明確な理由に基づいた志望動機が出来るはずです。

 

 

このページでは例文とともに志望動機の書き方について説明してます。

 

→「印象の良い薬剤師の志望動機とは?」

 

 

手書きの履歴書で印象UP!!

 

昔は手書きの一択でしたが、

 

今履歴書といったら、「pcで書いて印刷するか」「手書きで書く」かの2択です。

 

意外とこの二択で迷う人が多いんですよね。

 

 

字が汚いからpcで書いた方が良い気がする。。

 

誤字脱字した時に編集しやすいからpcの方が良いのでは。。

 

などの理由でpcで履歴書を書く人がいますが、履歴書は手書きの方が良いです。

 

 

抽象的な話になりますが、手書きにすると「感情・思い」が履歴書に乗ります。

 

 

「文字の形」には性格が表れます。

 

ピッとした文字を書けば、几帳面な人

 

綺麗な字を書く人は、まじめな人

 

丸い文字を書く人は、優しい人

 

この様に文字の形によってその人の人柄が見て取れます。

 

 

人事の人に自分がどういう性格なのか示すチャンスです。

 

また、字が汚いと思っていても、丁寧に書こうとすればその誠意は人事に伝わります。

 

印刷された年賀状をもらうよりも、頑張って書かれた年賀状をもらった方が嬉しいと思いませんか?

 

それと同じです。

履歴書の各項目について

日付

 

郵送の場合は、郵送する日付を書いてください。

 

持参する場合は、持参する日付を記載してください。

 

何かと書き忘れることが多い項目です。

 

郵便する際、持参する際は、ちゃんと書いたか確認を忘れないようにしてください。

 

 

写真について

 

転職活動も就活同様、プロに頼んで撮ってもらうのがベストです。

 

当たり前ですが、私服での撮影や自分で撮るのはNGです。

 

面接官は写真に写ったあなたを見て印象を決めます。

 

少しお金はかかってしまいますが、プロに撮ってもらうのが一番です。

 

 

住所、連絡先、電話番号

 

ポイントカードを作成する際にもよく書きますよね?

 

それと同様に記載してもらえればけっこうです。

 

ただ、気をつけて欲しいことが2つあります。

 

1つ目は、住所と連絡先が同じなら連絡先の欄に「同上」と記載してください。

 

何も書かないのはダメです。

 

2つ目は、住所のフリガナは漢字のみで大丈夫だということです。

 

 

学歴

 

就活と違うのは一つだけです。

 

まず、最初の行に「学歴」と記載してからスタートしてください。

 

それから、学歴を記載するようにしてください。

 

また、必要となる学歴は「中学卒業以降」一般的です。

 

最後に、「以上」で締め目くくるのを忘れずにしてくださいね。

 

 

職歴

 

職歴もまず、行の中央に「職歴」と記載するところから始まります。

 

入社から、どこに所属されたか、昇進や移動もあれば記載してください。

 

退職の隣には、「退職理由」も忘れずに書いてくださいね。

 

Ex)
平成◯◯年◯月 ◯◯◯◯◯薬局 入社

 

◯◯薬局◯◯支店に所属

 

平成◯◯年◯月 一身上の都合で退職

 

この様な感じで今までの職歴を書いてください。

 

どんなに転職回数が多くても正直に書きましょう。

 

ごまかすと後々トラブルになることがあります。

 

 

免許、資格

 

資格の取得年とその資格の名前を記載してください。

 

Ex)
平成◯◯年◯月 ◯◯免許 取得

 

忘れることは無いとは思いますが、薬剤師免許は必ず書いてください。

 

自動車免許などの運転免許も資格なので忘れずに書いてください。

 

何でもかんでも書いて欄を埋めれば良いというわけでもありませんが、

 

記載量が多いと、面接の時に話の種になりますよ!

 

 

趣味

 

ないがしろにする方が多い項目ですが、しっかり書いてあったほうが好印象です。

 

箇条書きで、趣味とその詳細を書くと更にいいです。

 

読書が趣味なら、月何冊くらい読むのか、どんなジャンルの本が好きなのかなど書いておくけばベストです。

 

ただ、無理に書く必要はありません。

 

無理に書いて面接の時に話せない方が印象が悪くなるからです。

 

 

志望動機

 

先ほどお話した通りです。

 

自分が何をしたくてこの会社への転職を希望しているのか記載しましょう。

 

どんなことで、会社に貢献できるのかも忘れずに!

 

また、自分の考えたことをむやみに書くのではなく、その会社のHPを見て運営方針・経営理念に合わせた志望動機を書くのがベストです。

 

ただ、間違えて欲しくないのが悪魔で自分の思いがメインです。

 

HPの情報はあくまで軸として使うくらいで十分です。

 

志望動機は特に重要視される部分なので、書いたら他の人に見てもらうとより良いです。

 

 

本人希望

 

勤務地・勤務時間・入社日などに制限があれば書きましょう。

 

勤務時間が「要相談」になっている場合は、希望する勤務時間を書いておきましょう。

 

また、何もない場合は「特にありません」でけっこうです。

これを読んでも不安な場合はどうしたらいい??

薬剤師 履歴書

 

以上、薬剤師の履歴書について長々と大切なポイントをお話してきました。

 

参考になりましたか??参考になっていれば幸いです。

 

 

これだけ、読んだけどまだ不安という方もいらっしゃると思います。

 

そういう方は早めに薬剤師人材紹介会社に登録することをお勧めします。

 

おそらく、履歴書で不安になる方は転職する際にも様々な不安に向き合うことになると思うからです。

 

求人を探す際、
求人を選ぶ際、
面接する際、

 

など、転職には不安になるタイミングが幾つもあります。

 

そんな時に、頼りになるのがプロの言葉です。

 

 

人材紹介会社のキャリアアドバイザーは、転職のプロです。

 

履歴書にら関することから求人・面接に関することまで的確なアドバイスをもらえます。

 

自分だけで転職活動する際には、心強いサポーターになることは間違いありません。

 

 

トップページにオススメの薬剤師人材紹介会社をまとめておきました。

 

参考にしてください。

 

評判の高い薬剤師転職サイトは??