薬剤師 再就職

薬剤師の再就職のポイントはありますか?

Q:薬剤師が再就職するときのポイントはありますか?

 

A:このページに薬剤師の再就職のポイントをまとめてあります。(中段)

 

薬剤師 ブランク 再就職

 

「再就職なんてしたことないし…」

 

「ちゃんと復職先が見つかるか不安……」

 

「ブランクがあって復帰したあとちゃんと働けるか不安……」

 

 

復帰するのは何かと不安だと思います。

 

復職って転職と違って不安要素が多いので、仕方ないことです。

 

 

復職だって人生の分岐点ですから。

 

大きな悩み・不安・焦りなどプレッシャーを受けるのは間違いありません。

 

 

ですが、転職は職場は違えど働き続けているわけなので就業が決まってしまえば、

 

意外と働き始めてからのプレッシャーは少ないんですよね。

 

それに引き換え、復職の場合一度現場を退いてからまた戻ってくる

 

というのが大きな不安のタネになっている場合が多いです。

 

 

1〜3年くらいの期間であれば薬剤師としてのスキルはさほど問題ない方がほとんどです。

 

ですが、やはり医療の進化はすさまじいです。。

 

 

6〜7年以上のブランクになるともう、浦島太郎状態に陥ります。

 

薬剤師としての感覚は皆無だし、とにかく新薬やら保険やら新しい情報が多い。。。。

 

 

込み入った話はまた他のページでお話しますね!

 

話を戻しますね!

 

 

このページにお越しいただいたということは「薬剤師に復帰したいけど悩んでいる方」だと思います。

 

特に女性、主婦さんが多いのではないでしょうか?

 

 

薬剤師人口の6割が女性で結婚や出産をきに一時的に退職される方が多いです。

 

おそらく、あなたもその一人なのではないでしょうか?

 

違っていたらすいません。。。笑

 

 

子育てや家事に追われているママさん薬剤師だと

 

なかなか働く時間が取れなかったりしてまた働けるのか?っと思ったり

 

勉強する時間がないし不安しかないんだけど。。っと思っている方が多いと思います。

 

 

でも大丈夫!このページのテーマはこれです。

 

「薬剤師が復職するときのポイントは?」

 

復職するさいに気を付けておくべきことをお話します。

 

あくまでこうしておいた方がいいよという指針です。

 

 

このページでは勉強法でなく復職するさいのポイントを解説しています。

 

なので、もしブランクあり薬剤師の勉強法が知りければこのページを参考にしてください。

 

→「ブランクあり薬剤師おすすめの勉強方法」

 

 

今回は以下の順を追ってお話します。

 

@薬剤師が復職する時のポイント(重要)

 

Aまとめ

 

 

 

 

Q:薬剤師が復職する時のポイントは?

 

A:相談できる第三者を置く事(重要)

薬剤師 ブランク 転職 

 

 

これが一番重要です。

 

復職するさいは、相談できる第三者を立ててください。

 

第三者はなるべく薬剤師で復職に詳しい人がいいです。

 

 

おそらく、学生時代の友人の中にも何人か薬剤師を一度やめて復帰した方がいらっしゃると思います。

 

第三者を置くなら、そういった方かもしくは薬剤師人材紹介のキャリアスタッフさんがいいです。

 

 

復職したことが無い人や何も知らない人を第三者に置くのはやめておいた方が良いです。

 

復職を経験したことがない人や復職に関して何も知らない人に相談することは無意味だからです。

 

たいてい、何も知らない人に相談すると何の根拠もなく「やめておきなさい」とアドバイスしてきます。

 

何の根拠もなくですよ…こんなアドバイスは何の役にも立ちません…

 

聞かないほうがましです。

 

 

一度経験した人や復職に関して詳しい人なら状況に合わせて的確なアドバイスをくれます。

 

特にキャリアアドバイザーなら薬剤師の転職・復職業界に詳しく専門的なアドバイスが期待できます。

 

業界に詳しいだけでなくあなた以外にも

 

復職を希望する薬剤師のサポートをしてきた経験がある分、復職経験のある友人よりも上だと思います。

 

 

第三者を置くのは何もアドバイスをもらう為だけではありません。

 

悩みを相談する為でもあります。

 

新しいことに挑戦しようとしているので復職しようと頑張っているとナーバスになります。

 

そんな時、悩みを共感してもらえる人が隣にいるととても心強いです。

 

 

薬剤師への復帰に失敗するほとんどの人が相談できる人がいなく一人で頑張ってしまった人です。

 

悩みながら一人で頑張って復職しようとすると相談できる人もアドバイスをくれる人もいないので再就職自体に挫折してしまったり妥協してしまったりする人が多いです。

 

 

ストレスで薬剤師復帰をあきらめることが一番NGです。

 

一番最初に話した通り薬剤師の需要は高く、ブランクがあっても働ける求人はあります。

 

だから、キャリアアドバイザーなど第三者を置いて復職することが大切

 

 

 

A:研修制度がある求人を紹介してもらうor探す

薬剤師 ブランク 復帰 

 

 

ブランクが数年あって薬剤師に復帰する場合、研修が受けられる職場を探すことをおすすめします。

 

5年もブランクがあると薬剤師業界では浦島太郎状態になるのが正直なところ……

 

 

毎年出てくるし新薬などの新しく学ばないといけないことに関して勉強し終わっている方は少ないでしょう。

 

また、現役時代に覚えていた薬の知識もなくな減っていると思います。

 

他にも、調剤業務や服薬指導、薬歴管理など薬剤師業務に関して100%の自信のある方も少ないのではないでしょうか?

 

 

自分の知識・スキルに大きな不安を抱えたまま働き始めるのは正直キツイです。

 

 

「あっ!失敗した………」

 

「あっ!失敗した………」

 

「あっ!失敗した………」………

 

自分に自身がない状態で働き始めると失敗を繰り返してしまうことが多いです。

 

失敗を繰り返すたびに精神的なプレッシャーが増していき、現場復帰したことを悔やむようになってしまうかもしれません。

 

 

一般職なら多少ミスを繰り返しても問題働きないかもしれません。

 

しかし、薬剤師は違います。薬の規格を間違えただけで患者さんが死んでしまうかもしれません。

 

服薬指導でしっかりと薬の情報を伝えきれていなかったせいでコンプライアンスが悪化し患者の病状が悪くなるかもしれません。

 

 

せっかく復帰してこれから頑張ろう!っという方にいうのもアレな話題ですが、起こりかねません。

 

そんな辛い状態には陥りたくないと考えている方がほとんどだと思います。

 

 

自身をもって働くにはそれなりに勉強しなくてはいけません。

 

ですが勉強してる暇なんてない!っというかたが多いはずです。

 

薬剤師の業務以外に子育てや家事などのやることがあるママさん薬剤師は特にです。

 

 

そんな時、助けてくれるのが研修です。

 

家でも多少働き勉強しないといけませんが、業務時間に勉強ができます。

 

しかも、家とは違い現場での研修なので薬など実物を見ながら勉強できます。

 

 

他にも研修は新しい機械に慣れておくこともできるし、職場の人間関係などチェックする良い機会になります。

 

各職場でどんな研修を受けられるのかは下のページをご覧ください。

 

→「研修制度のある求人はあてになるの?」

 

 

研修制度が整った求人なら、就業後すぐに本業務を任されることはありません。

 

こういった求人は就業後研修期間を経てから本業務に行こうすることがほとんどです。

 

職場・業務ともに慣れてから本業務に入るのでそれほどプレッシャーを感じず働き始められます。

 

 

いきなり患者さん相手に働き始めるのは怖いという方や自分自身に自信がないという方は研修制度がある求人の利用がオススメです。

 

そういった求人の探し方はまとめで紹介します。

 

今回のまとめ!!

薬剤師 ブランク 復帰

 

今回のテーマは「薬剤師が復職するときに気をつけること」でした。

 

 

まとめるとこんな感じです。

 

・絶対、相談できる復職に詳しい第三者がいた方がいい!

 

・自信がない時は「研修あり」の求人を選べ!

 

 

復職に詳しい第三者を立てる理由を簡単にまとめると、

 

一人で頑張るとプレッシャーとかに負けて失敗するから詳しい人に的確なアドバイスをもらったり相談に乗ってもらった方がいいという感じです。

 

また研修ありの求人を選ぶのは、薬剤師としての知識・スキルを元に戻すためと、もう一つは本業務に入る前に現場に慣れて置くためです。

 

 

それで研修ありの求人を探す方法ですが、一番良いのは「薬剤師転職サイト」に登録することですね。

 

第三者をどうのこうのという項目でもお話した通り、キャリアコンサルタントさんは私たちの希望の通りの求人を探してもってきてくれます。

 

 

だから、研修制度がある求人を頼めば自分で探す手間が省けます。

 

また、何も頼むのは研修制度だけでなく

 

「自宅から通える範囲」や「時給高いほうが良い」「午前中だけ働きたい」といった希望もOKです。

 

複数の希望にマッチした求人を探すのは難しく、転職のプロに依頼するほうが利口です。

 

 

それに、キャリコンサルタントを第三者として隣においておけるので一石二鳥です。

 

第三者がコンサルタントだった場合、自分が何を希望していて何に悩んでいるか知ってもらえているし、

 

迷っている求人の内容なども把握してくれているので復職活動がスムーズに進みます。

 

 

多くのコンサルタントは求人先の事前調査に行ってくれます。

 

特に、ファルマスタッフなどのコンサルタントは求人先に詳しいことで有名です。

 

そういったところに登録しておけばわざわざ自分が応募しようとしているところを調べる必要もないなるし、

 

ハズレくじを引く可能性もゼロに近くなります。

 

 

※ファルマスタッフ以外にも評判がいい求人サイトはあります。

 

→薬剤師求人サイト比較のまとめ

 

 

このページの結論としてまとめるとこういうことになります。

 

「薬剤師転職サイトに登録しておけば希望とおりの求人も見つかるし第三者としての役割も果たしてくれる」

 

 

このページは参考になりましたでしょうか?

 

参考になっていれば幸いです。最後まで読んでいただきありがとうございました。