薬剤師 転職 40代

40代薬剤師が転職で気をつけることは?

Q:40代の薬剤師が転職するのは難しいですか?

 

A:いえ。可能です。中段よりアドバイスを話します。

 

 

「40代からの転職ってどうなの?」

 

「転職の仕方は?」

 

「転職したときの雇用条件はどんな感じになるの?」

 

「どんなことに気を付けながら転職すればいい?」

 

 

年代によって転職に対しての悩みは異なりますが、

 

40代の薬剤師さんならこのようなことについて悩んでいるのではないでしょうか?

 

40代ともなると定年までのことを考えなくてはいけませんし、

 

それ以外にも家族など守るべきものがあったりと悩みが多いと思います。

 

 

そんな方のために今回は「40代薬剤師の転職について」というテーマでお話しようと思います。

 

このページを読んでいただければ、

 

●40代の薬剤師が転職の現状

 

●何に気を付けながら転職すればいいのか

 

っといったことを学んでいただけるはずです。

 

 

では、以下の順で話を進めてい行きます。

 

@そもそも40代からの転職は可能なのか?(重要)

 

A40代で転職すると雇用条件はどうなるのか?(重要)

 

E40代の薬剤師はどのように転職するべき?(重要)

 

B未経験ジャンルへの転職は?

 

Cその職場で定年まで働けますか?

 

D自分にあった働き方を選べていますか?

 

E今回のまとめ!

 

そもそも40代からの転職は可能なのか?(重要)

A:全然可能です。

 

特に、長年薬剤師をやってきたベテランの薬剤師が重宝される傾向にあります。

 

雇用側の気持ちとしては「雇うなら即戦力になる人が良い」というのが本音です。

 

なので、40代だとしても転職は可能なわけです。

 

40代でも転職ができるのは薬剤師業界くらいでしょうけどね笑

 

 

また、ブランクがある40代の方でも転職は可能です。

 

10年以上の長期のブランクになるとさすがに厳しいものがありますが、

 

数年のブランクなど短期な場合はそれほど気にしなくても大丈夫です。

 

 

しかし、未経験の職場への転職は厳しいと思っておいてください。

 

詳しいことは4番目の項目をご覧になってください。

 

 

この項目のまとめとしては、

 

40代の薬剤師でも十分転職は可能であるということです。

 

40代で転職すると収入などの雇用条件はどうなる?(重要)

A:ベテランであるほど収入など雇用条件は良いものになります。

 

先ほどお話した通り、40代以上の薬剤師を雇用する会社は

 

即戦力になるような薬剤師を雇用したがっていと考えている傾向にあります。

 

雇用側の気持ちを考えればあたりまえですよね。

 

 

何もできない人を雇うとそれだけ教育費や期間が必要になります。

 

ある程度スキルがある方なら職場のルールを教えればそれなりに働けるようになります。

 

費用・期間を考えればベテラン薬剤師を雇ったほうが効率的であるというわけです。

 

なので、ベテランのように現場が変わってもすぐに力を発揮できるよう薬剤師に対してより良い条件で雇用します。

 

 

かといって、ブランクがあったとしても低賃金で働くことになることはありません。

 

というのも、薬剤師の人材不足が深刻だからです。

 

6年制の薬剤師が卒業すればすぐに薬剤師が飽和すると考えられていましたが、

 

実際は国家試験の合格率がガタ落ちしそういったことにはなりませんでした。

 

ゆえに、どの薬局・ドラッグストアでも薬剤師が必要とされ好条件の転職ができるというわけです。

 

 

それと皆さんが気になっているのは「どれくらいの条件なのか?」というものだと思います。

 

これは求人によっても職場によっても違うのでなんとも言えないというのが正直なところです。

 

探せば、年収700万円以上の転職も可能です。

 

極論を言えば、自分の希望通りの求人が見つけられればどんな条件でも可能になります。

 

そういった求人の探し方についてはこのページの一番下の項目に詳しく掲載されています。

 

 

まとめると、

 

ベテラン薬剤師であるほど好条件で転職できる傾向にあるということ。

 

希望条件をクリアするには「求人探し」が重要になる。

 

他の40代薬剤師はどんな方法で転職しているか?(重要)

A:40代に限らず薬剤師で転職する人は「薬剤師転職サイト」を利用しています。

 

転職サイトを利用する理由は「キャリアコンサルタントのアドバイス」を受けられるからというのが一番多いです。

 

キャリアコンサルタントとは薬剤師の転職を専門的に扱う転職のプロです。

 

 

コンサルタントのサポートは幅広く

 

希望通りの求人探しから今後のキャリアプランなど適切なアドバイスをもらえます。

 

40代薬剤師の転職は慎重に行わないければなりません。

 

なので、40代からの転職はこういったサポートを利用することが重要なんです。

 

 

またハローワークや求人誌をもとに転職した人と転職サイトを利用した人の転職の満足度を比べると

 

転職サイトを利用した人の方が満足度が高い傾向にあります。

 

これは、しっかりとアドバイスをもらいながら転職できたことに所以すると考えられます。

 

 

求人情報の収集もこっちの方が有利に運びます。

 

私たちの希望条件をもとに、転職のプロが私たちの変わって求人を集めてきてくれます。

 

希望条件にそった求人がたくさん集まるのでそれだけ選択肢が広がります。

 

これも満足度が高くなる傾向にある理由の一つだと思います。

 

 

薬剤師転職サイトの種類は多いので選ぶのに迷うことが考えられます。

 

このサイトのトップページには評判の高い転職サイトが体験談とともに掲載されています。

 

参考にしてみてください。

 

→薬剤師転職サイトのまとめ(トップページ)

 

 

まとめ、

 

40代からの転職こそ転職サイトを利用するべき。

 

こういったサービスを使うことで満足できる転職が可能になる。

 

未経験ジャンルへの転職は不利ですか?

A:不利と考えて間違いないでしょう。

 

いくら40代からでも転職できるとは言え、転職が難しいケースはもちろんあります。

 

その一つが「未経験ジャンルへの転職」です。

 

未経験ジャンルとは言葉の通りで、今まで働いたことのない職場を指します。

 

 

例えば、調剤薬局でしか働いたことがなければそれ以外の病院・ドラックストアは未経験ジャンルという事になります。

 

特に臨床未経験で40代からいきなり病院で働くのは難しいです。

 

 

未経験ジャンルへの転職が難しいのは、先ほどからお話ししている通り雇用側が即戦力を求めているからです。

 

ドラックストアだったらOTCの知識、病院だったら臨床的な薬学的見解が必要だったりと職場によって求められるものは異なります。

 

つまり何が言いたいかというと、未経験のジャンルというのは即戦力になりづらいということです。

 

どれだけ知識があってもその職場ごとにルールや考え方が異なるので力を発揮しづらくなってしまいます。

 

 

それに未経験ジャンルに転職した場合、自分より若い人からの教育を受けることになります。

 

場合によっては10歳も歳の差があることも……

 

そういうことを気にしない方なら全然問題はありませんが、気になる方は避けたほうがいいと思います。

 

 

ただ、先ほどお話しした通り経験豊富な場合は収入UPなど好条件で転職できる場合がほとんどです。

 

なので、調剤薬局に勤めているなら薬局へ、ドラックストアに勤めているならドラックストアへと今働いてる職場に転職することをお勧めします。

 

 

まとめると、

 

未経験ジャンルへの転職は難しい。

 

経験のある職場なら収入UPなどが見込める。

 

定年まで働けるか考える必要がある

40代で転職する場合、気をつけるポイントとして「定年まで働ける職場を探す」ということがあります。

 

理由は単純で、今後の転職が難しいからです。

 

 

薬剤師は転職しやすい業界で有名です。

 

人生の内に平均4回も転職するというデータがあるくらいです。

 

ですが、他の業界と同様に年齢を重ねるごとに転職しにくくなる傾向にあります。

 

 

雇用側から考えれば、同じ費用をかけて人材募集をかけるのだから少しでも長く働ける人を雇いたいと思うのが普通です。

 

特に薬剤師業界は、待っていれば薬剤師が応募してきてくれるのでそういった傾向が強いです。

 

40代でもまだまだ働き盛りですが、転職に厳しい年代になってきます。

 

だから、定年まで働ける職場なのか考えなければならないということですね。

 

 

まとめると、

 

今後転職し辛くなるので定年まで働ける職場を選んで転職する必要がある。

 

自分に合った働き方を選んでいるか

次に気をつけなければいけないのは「自分にあった働き方を選ぶ」ということです。

 

多くの人が転職する上で「収入」を気にしていると思います。

 

なので、今回は収入という観点で話をしますね。

 

 

例えば、一言に収入といっても男性と女性では求めるものがことなると思います。

 

男性の場合は、家族を支えるために安定していて今より収入をあげたいと考えている方が多いです。

 

女性の場合は、家庭と仕事のバランスをとりながら一定以上の収入があればいいと考えている方が多いです。

 

 

安定を重視する場合、正社員として働くことが一番いいでしょう。

 

しかし、一定以上の収入があればいいのなら何も正社員として雇用される必要はありません。

 

何十万も稼ぐ必要があるのなら別ですが、派遣薬剤師かパート薬剤師で十分です。

 

それに、派遣やパートなら勤務時間が選べるのでプライベートを優先させることを可能です。

 

 

まとめると、

 

何も正社員として働く必要はなく自分のライフスタイルにあった雇用形態を選ぶ必要がある。

 

今回のまとめ!

「40代薬剤師の転職」というテーマで話を進めてきました。

 

参考になりましたでしょうか?

 

参考になっていれば幸いです。