薬剤師 転職 失敗

薬剤師の転職失敗理由で一番多いのは??

Q:薬剤師の転職失敗理由で一番多いのは??

 

A:薬剤師の転職で1番多い失敗理由とその対策について掲載しています。(中段から)

 

薬剤師 転職 失敗理由

 

「転職したいけど失敗したらどうしよう?」

 

「失敗しない為にはどうしたらいいの?」

 

「転職で失敗した人は何で失敗したの?」

 

 

何事にも失敗はつきものです。もちろん転職にも。。。。。

 

ただほとんどの人が転職で失敗したくないと思っていると思います。

 

 

まだ、薬剤師の転職業界は売り手市場です。

 

ただ、6年制の新薬剤師が輩出されて以前より転職の難易度は上がっています。

 

言い換えれば、転職活動でつまづく可能性が高まったということです。

 

 

かといって、「転職で失敗したくない」ですよね?

 

転職を希望するほとんどの薬剤師が同じことを思っているはずです。

 

希望に満ちて転職したのに、働き始めたら、、、、、、、

 

なんてことはざらにありあます。。

 

 

でも、ご安心ください。このページのテーマは

 

「薬剤師の転職で一番多い失敗理由とその対策」についてです。

 

どうして失敗したかが明確になれば、その対策を練るのは容易です。

 

 

不謹慎かもしれませんが、

 

せっかく、私たちよりも先に転職で失敗してくれた薬剤師さんがいます。

 

この方たちから学んでいきましょう。!

 

 

以下の順番で話を進めていきます。

 

このページ

 

@薬剤師の転職失敗理由で一番多いのは?

 

Aこのページのまとめ

 

 

次のページ

 

@失敗しない為の対策は?

 

A全体のまとめ

 

薬剤師の転職で一番多い失敗理由は?

薬剤師 転職 失敗理由 

 

 

まず、初めに結論から。

 

「下調べ不足・情報収集不足」

 

これが全てです。

 

 

失敗する方の大半が、働いてから「知らなかった」や「聞いてない」など情報不足が原因で転職を繰り返しています。

 

情報収取不足が原因で転職を失敗した方の話をしますね。

 

 

下調べ不足のせいで、転職繰り返す羽目に、、H・Dさん 女性 30代前半 

 

薬剤師 転職 失敗理由

 

【転職するまでの話】

 

まずは私が転職失敗先に転職するまでの話をしますね。

 

友人が転職して、収入上がったし、休日も増えたという話を聞くところから話は始まります。

 

 

私が以前転職しようとしたきっかけは安易でもうしわけないんですが、「友人の話がうらやましかった」からです。

 

だって、年収が100万円あがったのに休日が増えたって話を聞いたんですよ。

 

羨ましいと思いませんか?

 

 

その頃の職場が業務内容が過酷な上に給料が少ないところでして、、

 

話を聞いた次の日には、すぐに転職することを決断していました。

 

人間関係もうまくいっていなかったので、辞めることには未練はなかったんです。

 

 

かといって、いきなり辞めるわけにもいかず転職先を探しながら働いていました。

 

収入がストップするのも怖かったというのも働きながら求人を探していた理由の一つです。

 

貯金もあまりなかったですし、収入が止まるのは怖かったんです。

 

 

求人はとりあえず、インターネットで探していました。

 

簡単に転職できるじゃん!

 

検索をかけると私の住んでいる地域でも何百件の求人が出てきたんです。

 

フィルター機能を使いながら、収入が高く休日の多く残業が無い求人を探しました。

 

目ぼしい条件の求人を見つけるのに1時間もかかりませんでしたね笑

 

 

エントリーすると、次の日に面接に来れるか?とのことだったので次の日すぐに面接に行きました。

 

面接を受けると3日後には内定通知が来ていてウキウキだったのを覚えています。

 

 

ここまではかなりハッピーでしたね。。。。

 

すぐに内定が来るのはおかしいと思うべきでした。

 

薬剤師の転職業界は売り手市場だということがわかっていたので怪しまなかったんですよね。。。

 

 

 

【転職後の話】

 

働き始めてすぐに異変に気づきましたね。。。

 

求人には残業が無いとかかれていたのですが、働き始めてすぐに残業していました。

 

たまたまかな?っと思ったし、転職してすぐに意見を言うのはどうかと思ったので、その時はスルーしました。

 

ですが、次の日もその次の日も残業。。。

 

 

流石におかしいと思ったので、会社に連絡を入れて確認してもことにしました。

 

ただ、いくら待っても残業の件は改善されませんでした。

 

それから会社に報告したのがばれたのか、職場イジメに合うことに。。

 

 

働いてすぐにどの棚にどの薬があるかなんてわからないじゃないですか?

 

わからないなりに頑張って調剤していたのですが、

 

「遅せぇよ!」とか「仕事できないなら来なくていいから!」とか言われるわけですよ。。

 

(他の人と対して変わらないくらいの時間でやっていました。)

 

 

他にも薬剤師がいたので仲良くなろうと試みるのですが全シカト。。

 

どうやら、全員で口裏を合わせていたみたいです。

 

 

この転職で確かに収入は上がりました。

 

が、それだけで、他は全く守られていません。。。

 

職場環境に関しては前の方が100倍良かったですね。。

 

こんな職場にはいられないと思って2か月で今の職場に転職しまいた。。

 

 

後々、聞いたらブラックな薬局で有名だったみたいです。

 

調べなかった私も悪いのですが、こんな薬局あるんですね。。

 

 

 

おそらく、この方以外にも同じような思いをした薬剤師さんは大勢いることでしょう。

 

薬剤師は転職しやすい職業ですが、安易に転職することはおすすめしません。

 

上の方のように失敗することがあります。では、どうしたら失敗せずに済むのでしょうか??

 

次のページでは「薬剤師が転職で失敗しない為の対策について」お話します。

 

今回のまとめ!

薬剤師 転職 失敗

 

今回は「薬剤師の転職失敗理由は何か?」というテーマでお話しました。

 

話のほとんどが体験談でしたが参考になったのではないでしょうか?

 

 

最初にお話した通り薬剤師で転職失敗するときのほとんどの理由は「下調べ不足」です。

 

このページで紹介した体験談の方のように、

 

簡単に転職できる!っと思ってほぼ調べもしないで転職すると

 

転職後のトラブルに巻き込まれてしまいます。

 

 

巻き込まれないようにするための対策については次のページでお話しているので参考にしてください。

 

ここで伝えたかったのは「知らなかったじゃすまされない」ということです。

 

 

わざわざこのページをご覧になってくださっている皆さんにはそういった失敗してほしくはありません。

 

気を付けて転職してくださいね。

 

最後まで読んでいただいてくださってありがとうございました。

 

次のページ→「薬剤師が転職で失敗しない為の対策について」