薬剤師 転職 地方

薬剤師の地方への転職って実際とうなの?

Q:薬剤師の地方への転職は良いですか?悪いですか?

 

A:メリットもデメリットもあります。詳しくは中段でお話します。

 

薬剤師 転職 地方

 

「地方の方が年収が高いって聞いたことある」

 

「田舎で暮らすのは無理かも。。。。」

 

「実際転職するとどうなるんだろう・・」

 

 

などなど、地方への転職を考えている方は悩んでいるのではないでしょうか?

 

地方への転職はだいたいの人が引っ越しを伴うことになります。

 

働く環境も変わるのに、生活環境も変わるわけなのでけっこう大変です。

 

 

皆さんが知りたいのはこの大変さに見合ったメリットが地方への転職にあるのか?

 

っということだと思います。

 

 

よく地方の薬剤師の年収は高いと言われているが本当なのか?

 

田舎での生活は都会の生活とどれくらい違うのか?

 

たくさん知りたいことがあると思います。

 

 

今回はそんな皆さんの為に「薬剤師の地方転職」をテーマに話をすすめていきます。

 

このページをご覧になっていただければ、

 

もし地方に転職したときのことが少しはイメージできるようになっていると思います。

 

もちろん、皆さんが気になっているであろう収入などの情報もお伝えします。

 

 

では、以下の順にお話していきますね。

 

@地方の薬剤師の年収は?(重要)

 

A地方に引っ越すと貯蓄がたまる?

 

B通勤はどうなる?

 

C生活のほうは大丈夫?

 

D地方に転職する場合にはどんな転職サイトを使えばいいの?

 

E今回のまとめ!

 

 

地方求人の年収は、600万円以上と高給!

薬剤師 転職 地方 

 

 

これは有名な話なので多くの人が知っていると思います。

 

地方薬剤師の年収は安くても600万円代です。

 

冗談ではなく、年収1000万円で募集をかけている薬剤師求人もあ・り・ま・す!

 

小◯方さんじゃないですよ笑

 

 

地方薬剤師の給料が高いのにはちゃんと理由があります。

 

その理由は「薬剤師が足りなくニーズがある」からです。

 

 

多くの方が特に理由はなくとも「都会に住みたい・近いほうがいい」と思っていると思います。

 

これは薬剤師に限らず、他の職業でも同じです。

 

そのため、地方は若者の数が減り過疎化しています。

 

過疎化して高齢者ばかりになると、医療の市場は大きくなります。

 

 

そのため、人数に対して多いくらいの薬局が立ってしまいます。

 

ですが、どうしても薬剤師の数がたりていません。

 

理由は先ほどあげた通りです。

 

かといって、薬剤師がいなければ薬局は運営できない。

 

なので、地方は高い人件費を払ってでも薬剤師を雇用しようとする傾向が強いんです。

 

 

また、地方に薬剤師が少ない理由としてもう一つあげられるのが「地方に薬大学が少ない」という点です。

 

薬科の大学は、各県の中心になっている地域に立てられます。

 

その為、薬学生は都会で暮らす楽しさを知り、地方に戻らなくなる方が多くなるのだと思います。

 

※ここは自論です。鵜呑みにしないでください。

 

 

長々話しましたが、結局のところ地方の薬剤師不足のせいで地方薬剤師の給料が高くなっているということです。

 

それも、年収は600万円?1000万円と高額です。

生活費がかからないので、貯蓄がたまる!

 

地方薬剤師になると貯蓄が増えます。

 

年収が上がるというのも大きな要因です。

 

しかし、この項目では他の要因についてお話ししたいと思います。

 

 

まず、あげられる要因として「借り上げ社宅制度+激安家賃によって家賃が無料になることがほとんど」

 

借り上げ社宅制度の返金額は3,2840円です。

 

地方だと4?5万円は支給してもらえます。

 

 

地方で5万円の物件って言ったら相当良いものに住めます。

 

5万円だったら、面積30m2のところには絶対住めます。

 

例えば、→この物件とか

 

広いし、申し分ないと思いませんか?

 

これに給料足せば1?2万円で東京だったら家賃15万円以上はするであろうところに住めちゃいます……

 

 

次に、「物価が安くて生活費がかからない」

 

地方の物価は本当に安いです。

 

服などブランドがあるものは変わりませんが、特に食品は安くて新鮮なものが並んでいます。

 

海に近いところなら、魚が新鮮でとても美味しいですよ!

 

特に、高知県のカツオなんかおすすめですね!

 

 

転職のために地方に行くわけですが、何も悪いことばかりではないということですね笑

 

食べ物ばかり美味しいし、空気も新鮮で空が澄んでいます。

 

遊ぶところは都会に比べて少ないかもしれません。

 

しかし、それに引き替えて趣味にあてる時間だったり、新しい人との出会いなど楽しいこと盛りだくさんです。

 

 

いつの間にか話がそれてしまいました。。

 

とにかくこの項目で言いたかったのは、

 

「地方で働くと収入が増え、支出が抑えられるのでお金が貯まる」ということです。

 

車やマイホームが欲しい方いらっしゃると思います。

 

お金を稼ぐなら地方に転職するのがおすすめですね!

通勤ラッシュがない!

薬剤師 転職 地方 

 

 

地方はもともと労働人口が少ないので、通勤ラッシュという概念がありません。

 

概念はあるかもしれませんが笑

 

 

東京の乗車率120%越えの通勤ラッシュに遭遇することは絶対にありません。

 

真夏なんて汗だくで、色んな人と体を密着するあの空間は不快以外の何ものでもありません。

 

 

ただ、通勤ラッシュがない代わりに、車通勤が基本になると考えてください。

 

地方の電車は正直不便です。移動には車が不可欠になっています。

 

いくら職場と自分の家が自転車で5分だとしても、買い物にいく際には必ず車が必要になります。

 

普段車に乗らない人からしたら、ここは地方に転職するデメリットと言えるでしょう。

 

 

しかし、通勤時間という点で比較すると地方は有利です。

 

そこに住んでいる人のほとんどが車通勤ですが、さほど渋滞になりません。

 

 

流石に、交通規制などが起こると混んだりしますけどね。。。

 

自転車で通勤できる距離に住むのも容易ですし、

 

住む場所にもよりますが車で移動する距離に住んだとしても30分もかからないで職場に到着するでしょう。

生活に慣れるのはちょっと大変笑

薬剤師 転職 地方 

 

 

当たり前ですが、都会と地方の暮らしは違います。

 

生活リズムや距離感、文化など違うことがたくさんあります。

 

ごうに入っては郷に従えです。

 

 

色々違うことがあってギャップを感じることがあるとは思いますが、しょうがないですね。

 

特に驚くのは、車がないと生活にならないところだと思います。

 

通勤の話の中でも、出てきた話ですが車がないとどこにも出かけられません………

 

 

また、例に出して申し訳ないんですが、例えば高知。

 

高知県の高知市に住んでいたとしても、車は必須です。

 

電車でどこかにちょっと行くとか考えないほうがいいと思ってください。

 

というのも、電車の本数が少ないし駅間の距離が半端ないので足としては電車は使えません…

 

 

まぁーでもやっぱり、郷に入っては郷に従えですね。

 

都会の生活に慣れている方には、何かと不便なことが多いと思います。

 

ですが、慣れてしまえば楽園です。

 

煩わしい満員電車はないし、人間関係も風邪通しがよく居心地は最高です!

どんな人材紹介会社を使えばいいの??

薬剤師 転職 地方 

 

 

ここまで、地方で働くことについてお話ししてきました。

 

では、地方に転職するには、どんな薬剤師人材紹介会社を利用すればいいのでしょうか??

 

地方に強い薬剤師転職サイトを見つけるポイントはコレです。

 

 

「地方限定より、全国展開している薬剤師転職サイトをえらべ!」

 

地方に転職するんだから、地方限定の転職サイトを使うべきなのでは?っと思う方が大半のはずです。

 

しかし、実際は違います。全国展開しているサイトの方が強いです。

 

 

というのも、地方で展開している求人サイトというのは本当に狭い地域しか扱っていません。

 

県一つだけなど、とても狭い範囲のシェアしかなく選択肢も狭まってしまいます。

 

また、全国展開している求人サイトにも地方限定で展開しているサイトの求人があることがほとんどです。

 

雇用条件も変わりません。

 

 

また、全国展開している方を選ぶ要因として大きいのは「転職成功率」です。

 

全国展開するには、それなりの資金が必要になります。

 

つまり、大手の人材紹介会社が多くなるということです。

 

 

大手の何が良いかって、転職ノウハウが豊富だから成功率がかなり高いということにつきます。

 

更に、大手だからこそ可能な「雇用条件の代理交渉」などのサービスが充実していることも大きいですね。

 

地方限定だとその地域に詳しいというメリットもあるかもしれません。

 

 

しかし、大手になると地域に拠点があってその地域の情報を収集があります。

 

そのことを考えると、「地方の薬剤師事情の知識」の差はほぼないと考えて間違いないでしょう。

 

 

また、経験値の観点から見ても、大手は毎年多くの薬剤師の転職に携わっていて中小規模のところとは雲泥の差です。

 

その結果が転職成功率につながっているわけです。

 

経験値が高いことで、みなさんが地方に転職しようとしたときに的確なアドバイスができます。

 

 

「転職成功率」

 

「大手だからのパワー(雇用条件の代理交渉など)」

 

「経験豊富だからこその的確なアドバイス」

 

 

これらの要因から「全国展開している薬剤師転職サイト」を利用することをおすすめします。

 

トップページに全国展開していて尚且つ、薬剤師転職業界でトップクラスの人材紹介会社を掲載しています。

 

参考にしてみてください。

 

 

トップページ(薬剤師転職サイト)

今回のまとめ!

薬剤師 転職 地方

 

このページは「薬剤師の地方への転職の実際」というテーマで話を進めてきました。

 

参考になりましたか?参考になっていれば幸いです。

 

 

地方への転職する場合、引っ越しを伴うことがほとんどです。

 

職場環境も生活環境もいっぺんに変化します。

 

都会に住んでいる方にとって地方での生活は大変かもしれません。

 

 

しかし、変化とは悪いことばかりではありません。

 

今回の話のように収入・貯蓄が増えるということや

 

生活リズムがゆっくりになったりと多くのメリットがあります。

 

 

また、地方への転職を考える場合「薬剤師転職サイト」を利用することがおすすめです。

 

というのも、求人誌やハローワークで集められる情報は少ないからです。

 

転職する前に求人先の情報を集めておかないと必ず失敗します。

 

詳しくはこっちのページでお話しています。

 

→「薬剤師の転職失敗理由で一番多いのは?」

 

 

皆さんには転職に失敗して欲しくありません。

 

職場環境も生活環境もいっぺんに変わってしまうわけなので手堅く転職活動を進めていきましょう。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。