薬剤師 転職 求人

転職活動で大切なのは「情報収集」

Q:情報収集はどれが一番いいですか?

 

A:それぞれメリットがあるので詳しくは中段から話します。

 

薬剤師 求人 情報収集

 

 

転職で一番大切なのは、一にも二にも「情報収集」です。

 

というのも、薬剤師が飽和状態になると言われている今でも薬剤師の転職は売り手市場だからです。

 

 

調べようと思えば、どんな方法でも何百件という求人がすぐにでてきます。

 

しかも、出てくる求人は似ているものばかりです。

 

かといって、全く同じかと言えばそうでもありません。

 

 

福利厚生や休日制度、休みの取りやすさなどなど細かい部分で求人毎に差があります。

 

このページをご覧になっているということは、

 

「薬剤師が転職する上でどのように情報収集したらいいのか」知りたいということだと思います。

 

 

納得のいく転職の為には、納得のいく情報収集が出来なくてはいけません。

 

その為の方法をメリット・デメリットと共にお伝えします。

 

 

以下の順んで話をすすめていきます。

 

@インターネットで調べる!

 

A人脈を使う!

 

B人材紹介会社を利用する!(重要)

 

C今回のまとめ!

 

 

インターネットを使う!

薬剤師 求人 情報収集 

 

 

まずは、王道の「インターネット」です。

 

色んな事を調べる上で活躍しますね。グーグル先生は薬の事を調べるのにも大活躍です。

 

スマホを使えば簡単に使えるします便利です。

 

 

まずは、インターネットで検索をかけるメリットからお話します。

 

やはり、インターネットを使う一番のメリットは「情報量」でしょう。

 

「薬剤師 求人」と調べるだけで何万件というページがヒットします。本当、便利な世の中になりましたね笑

 

 

また、もう一つメリットをあげるとしたら「スピード」です。

 

インターネットの世界では毎日毎時間毎分情報が更新されています。

 

薬剤師の求人も毎日新しいモノがでたり、古い情報が更新されたりしています。

 

 

さらに、すぐに調べられる簡易性という部分もメリットの一つと言えるでしょう。

 

スマホを使えば一瞬でグーグルやインターネットエクスプローラーを使えます。

 

iPhoneをお使いの方はSafariですかね。

 

誰の制限を受けることもなく、適当に調べることができる簡易性という部分においてインターネットの右に出るものはいません。

 

 

次にデメリットのお話をします。

 

ネットは情報量が多いのですが、「詳細情報が少ない」という部分が大きなデメリットです。

 

いくら情報が多いからといって、詳しいことがわからなければ、その求人に応募することなんてできませんよね?

 

おそらく、ネットで軽く調べて転職を決めた方のほとんどは、また転職を繰り返すことになっているでしょ。

 

ネットでわかるのは雇用条件などの基本的なものだけだからです。

 

残念ながら、職場の雰囲気や上司の人柄など内部情報まではわかりません。。

 

薬剤師の転職理由で「人間関係の悪化」が一番多いのにこの部分が調べられないのは致命的だと私は考えています。

 

 

次にデメリットをあげるとしたら「古い情報がそのまま残っている」という点です。

 

更新頻度の高いサイトなら問題ありませんが、そういうサイトばかりでないのが現状です。

 

せっかく、コレだ!!!っとい求人を見つけても、すでに募集を締め切られていた………っということが少なからずあります…

 

インターネットの闇ですね…

 

 

まとめると、インターネットは「浅く広く調べるのに最適」だと言えるでしょう。

 

さすがに、インターネットだけでヒョイと求人を決めるのはお勧めできませんね。

 

ですが、浅く広くどんなタイプの求人があるのか調べるのには最適な情報収集だと言えるでしょう。

 

 

人脈を利用する!

薬剤師 求人 情報収集 

 

 

次に、「人脈」を使った情報収集についてお話します。

 

このタイプで転職するかたは、全体から見ると少ないです。

 

多いのが「薬局を新規開局するからオープニングスタッフとして働かないか?」というものですね。

 

 

では、人脈で転職するメリットをお話します。

 

まず、あげられるのが「より具体的な情報を知れる」ということ。

 

マンツーマンで話が聞けるという点で「人脈」以上に強いものはありません。

 

しかも、ほとんど同じ力関係で話が聞ける上、もともと距離が近いので食い込んだ条件の話もできます。

 

求人を決める上で、雇用条件や福利厚生がどうなっているのか詳しく聞いておくことは必須条件です。

 

ちゃんと聞いておかないと、働き始めてから「え??話が違うんだけど……」となるのが落ちだからです。

 

 

また、新規開局でなければ人間関係などの内部情報まで把握することが可能です。

 

聞ける理由と、聞いた方がいい理由は今まで話した通りです。

 

距離が近く、パワーバランスも同じくらいであることと

 

薬剤師の転職理由で一番多いのが「人間関係」なので、このような内部情報は聞いておく必要があるということです。

 

 

次にデメリットについてお話します。

 

人から聞くデメリットももちろんあります。

 

というか、デメリットの方が大きかもしれません。。

 

 

まず、上げられるのは「情報の偏り」ですね。

 

人は話を誇張して話す生き物です。自分の薬局をもつという時は特にです。

 

自分の薬局をの良いところばかりを話してくることが多いです。

 

しかも、雇用条件そっちのけで…

 

優しい方や、真面目な方だとついつい話を聞いてしまって勝手に話しが進んでしまうことがあります。

 

 

また、次に「断りづらい・辞めずらい」というデメリットがあります。

 

話が進んでいくと、断りづらくなります。

 

知らない人ですら、込み入った話を繰り返せば断りづらくなるのに面識のある人ならなおさらです。

 

 

更に、一度働き始めると「凄い辞めづらい。」です。

 

働き始めてから、雇用条件などでトラブルがあっても仲の良い友人だったら言いづらく、そのまま働き続ける方がほとんどです。

 

また、それに漬け込んでドンドン残業を押し付けてくる人もいます。

 

新規オープンで人手がいないからなど言い訳はごまんとあります。

 

知り合いが話てくれた話でも、全ては信じず客観的に話を聞くことが大切ですね。

 

 

まとめると、「どれだけ信頼している人の話でも、客観的に話を聞かないと失敗する」という感じです。

 

私は正直、人脈で転職することはおすすめしません。

 

インターネットで転職して失敗しても最悪また転職に踏み出しやすいです。

 

しかし、人脈で転職するとどうしても辞めづらくそのまま働きたくない条件で働くことになってしまいます。

 

知り合いの話を聞くときは、本気で信頼できる人だけに限ったほうが良いと思います。

人材紹介会社に相談する

薬剤師 求人 情報収取 

 

 

最後に紹介するのは「人材紹介会社に相談する」という方法です。

 

これが最も一般的な方法ですね。

 

転職する約70%ほどの人が薬剤師人材紹介会社を介して転職しています。

 

 

人材紹介会社というと固く怪しい響きがあると思いますが、

 

リクナビ薬剤師・マイナビ・ファルマスタッフなど会社名を聞けば安心していただけると思います。

 

どれも大手ですすからね。

 

 

さて、早速ですが人材紹介会社を利用するメリットについてお話します。

 

まず、メリットとしてあげられるのが「最新の求人情報が知れる」ということ。

 

一番新しい求人情報は、まず人材紹介会社に入ります。

 

それから、インターネット上にある求人情報が更新されます。

 

なので、一番新しい情報を手に入れようとしたら、この様な会社に頼るほかありません。

 

 

また、「より細かい求人情報を提供してくれる」という点でも人材紹介は優れています。

 

求人先と直接付き合いがあるので、それだけ詳しい職場の情報を持っています。

 

また、その薬局・ドラックストア・病院などの求人を取り扱うにあたって事前調査を行っている会社があります。

 

そういったところを使えば、「より具体的により内部の情報を聞くことも可能」です。

 

 

更に、何と言っても「自分で調べる手間が省ける」ことは大きなメリットだと思います。

 

インターネットで調べると何万件もページがヒットするとお話しました。

 

それらのページを一つ一つ見る余裕はみなさんには無いと思います。

 

 

また、ネットで調べてもドンぴしゃで希望通りの求人が出てくるわけでもなく多くの求人の中から自分の希望に近い求人を探すのだけでも一苦労です。

 

リクナビやマイナビを使えば、転職のプロ(キャリアドバイザー)が的確な求人を紹介してくれます。

 

毎日、薬を扱っている私たちが一般の人に比べて薬を扱うのに長けているのにと同じで

 

毎日、求人を扱っているキャリアアドバイザーが私たちに比べて求人を扱うのに長けています。

 

 

具体的な希望条件を話せば、より希望にマッチした求人を選んで紹介してくれます。

 

それだけではなく、希望を言えば求人に応募する前に「職場の事前調査」をしてくれるところもあるくらいです。

 

更に、求人を探すだけにとどまらず「雇用条件の交渉」など私たち個人では出来ないことをやってくれます。

 

他にもいろいろサポートしてくれて、頼りがいがあります。

 

 

まとめると、「より真剣に転職したいなら利用するべき」という感じです。

 

やはり、転職のプロがサポートしてくれる転職と、そうでない転職ではその成功率が違います。

 

単純に転職内定率という点でも、その後の継続勤務年数を比べてもです。

 

このサイトのトップページには私が評価した転職サイトが掲載されています。

 

参考にしてみてください。→薬剤師転職サイトのまとめ

今回のまとめ!

薬剤師 求人 情報取集

 

このページのテーマは「薬剤師の転職情報収集法」についてでした。

 

参考になりましたか?参考になっていれば幸いです。

 

 

一口に情報を集めるといっても方法は様々です。

 

方法が違えばメリットもデメリットも違います。

 

今の自分に最も合った求人情報収集法を選んで使ってください。

 

 

といっても、私がおすすめするのはやはり「人材紹介会社を利用する」ことですけどね。

 

というのも、数字でクオリティーが高いこともわかっているからです。

 

 

クオリティーだけじゃなく、そもそも働きながら希望条件に見合った求人を探すのは骨が折れます。

 

働きながら自分に合った求人を見つけられるという点も大きなメリットです。

 

 

最後に、トップページに私が厳選した求人サイトを掲載してあります。

 

参考にしてみてください。サイトごとに詳しく紹介しているページもあるので、よかったらどうぞ。

 

→私が勧める信頼できる薬剤師転職サイト